参考数値
      発行部数:10,000部

      特徴


      日本で最も歴史のある金融・証券の総合専門紙『日本証券新聞』


      『日本証券新聞』は、1944年創刊の日本最古・最長の証券専門紙です。主な読者層は、投資歴・運用している運用資産額ともに豊富な個人投資家が7割・証券会社等の金融機関が3割を占めています。ターゲットが明確なためピンポイントで効果的に訴求できる媒体です。

      投資に関係する広告だけでなく、上場企業の社名変更時や、新規上場、市場鞍替え等、個人投資家や金融機関に向けての重要なイベント告知にも利用されています。もちろん、経済に関係する一般的な内容の広告もご出稿いただけます。また、記事広告も展開しており、個人投資家に留まらず、証券営業部門やアナリストに向けて、企業の新サービスや事業戦略などを画像や文章で、分かりやすくアピールすることができます。