特徴


      マニア時代の国産車雑誌『高速有鉛デラックス』


      『高速有鉛デラックス』は旧車、ネオクラシック、北米仕様、働くクルマなど、今なお愛すべき“国産旧車”が主役のマニアックなクルマ雑誌です。30~50代のマニアな読者へ訴求が可能です。隔月刊/偶数月25日頃発行、全国の書店にて販売。

      『高速有鉛デラックス』とは


      2006年にフリーペーパーの『高速有鉛』を創刊。スポーツカーやGTカーが主役の国産車雑誌が溢れているなか、これまでスポットを当てられていなかった野暮ったい4ドアセダン、パトカーなどの働く車、そして変な顔つきの北米仕様車をフィーチャー。発行当初から一部のマニアから大きな反響がありました。2008年に『高速有鉛デラックス』として有料化、増ページ&豪華な内容でする井クルマの魅力を発信しています。