特徴


      東京都大田区 本庁・出張所デジタルサイネージ広告


      東京都大田区では、平成25年4月から事業者と協定を結び、本庁舎や区内18箇所ある特別出張所など計22か所に電子看板(デジタルサイネージ)を設置し、広告費で事業費の削減をしながら行政情報の放映や防災情報の放映事業を行っています。