参考数値
      発行部数:70,000部

      特徴


      幅広い世代のビジネスパーソンにアプローチできる『週刊エコノミスト』


      『週刊エコノミスト』は1923年(大正12年)に創刊、2018年に95周年を迎えました。創刊号では編集方針を「学理を論じて空疎に失せず、現実に即して卑近に流れず」と謳い、以来、本誌は、時流に流されず、現実を見据えた報道につとめてきました。企業のトップマネジメントやエグゼクティブ、金融関連業従事者などから厚い信頼と支持をいただいている硬派なクオリティマガジンです。

      コンテンツ


      政治・経済情報のエキスパートである新聞社系のビジネス誌として、高い取材力を武器に収集したマクロ的視点の経済情報から、各業界やテーマに落としこんで深掘りしたミクロ的視点の特集まで、世界と日本でいま起きている経済事象の革新をあますことなく伝えます。
      ・BUSINESS EYE
      めまぐるしく変化する日本経済において、斬新な経営ビジョンや独自の視点でヒット商品・サービスを生み出し、明日の日本に活力を与えてくれる企業に対し、幅広いテーマで対応する記事タイアップ企画です。
      ・IR(Investor Relations)
      企業が株主や投資家に経営理念や経営情報を継続的にディスクローズし、正確な情報を提供していこうとするIR(インベスター・リレーションズ)活動は、企業戦略上の重要事項となっています。企業の知名度やイメージをアップさせ、経営の安定を図り、株主や投資家との友好関係を維持していくIR活動を特集します。