クレープショップの店頭デジタルサイネージ『ディッパーダンチャンネル』

      女性 10代 20代 30代 40代 15秒可 小売・飲食店舗
      参考価格
      エリア CMの長さ 1時間当たりの放送回数 期間 単価 金額(税抜)
      福岡(9店舗) 15秒 12回 14日間
      東海(30店舗) 15秒 12回 14日間
      関西(33店舗) 15秒 12回 14日間
      関東(28店舗) 15秒 12回 14日間
      全国(132店舗) 15秒 12回 14日間

      特徴


      ディッパーダンチャンネルとは


      ディッパーダンチャンネルは 滞留型のメディアです。
      クレープチェーン業界において圧倒的に日本一※の集客と売上を誇る「ディッパーダン」の店頭レジに設置されたモニターを通じて広告を放映するサイネージ媒体です。
      大都市圏の大型SCを中心に店舗を展開し(全国132店舗)、週末や「クレープの日」などの販促日にはレジ待ちのお客様の行列ができることも。滞留型のメディアとして、レジ待ちのお客様にじっくりと情報を伝えることができます。
      「クレープ」という商品特性上、ティーン・F1・F2層といった若年女性中心の顧客構成となっています。

      ※株式会社富士経済発行の『外食産業マーケティング便覧2019』より

      類似商品と比較する

      参考数値
      商品画像
      クレープショップの店頭デジタルサイネージ『ディッパーダンチャンネル』
      商品画像
      イオンモール ベビールーム内デジタルサイネージ『ベビールームチャンネル』
      施設利用者数:約2,080人/日(13ルームの合計) 視認数:1,950人/日(13ルームの合計) 視認率:93%