特徴


      タクシー車内向けメディア『サンプリング』


      車体ラッピング、行灯、車内サイネージ、サンプリングと、日本で唯一24時間稼働する公共交通機関、タクシーには社内外をフルに利用した広告メニューがございます。サンプリングは5,000部以上から実施可能。乗務員から生産時に直接手渡しするため、高い受注率を誇ります。

      タクシー車内向けメディアの特徴


      1,中高年齢層がメインターゲット
      40代以上が約80%を占めています。
      男女比はさほど変わりませんが、利用用途は男女で異なる傾向にあります。
      (男性:仕事の移動など/女性:買い物など)

      2,獲得顧客の成約額が高い、リピート率が高い
      可処分所得の高い方がタクシーを日常的に利用しています。
      過去の実績から、タクシー広告経由の獲得顧客は、成約額やリピート率が高くなる傾向があります。