特徴


      タクシー車内向けメディア『レシート裏面広告』


      日本で唯一24時間稼働する公共交通機関、タクシーには社内外をフルに利用した広告メニューがございます。他業種のレシートと違い、経費精算で必要な方はもちろん自費で乗車される方も、忘れ物などした際にどこの会社を使ったか忘れないために持ち帰る方が多いタクシーレシート。受取率はなんと80%~90%と高水準。さらに、経費精算で掲出が必要な場合などに一定期間保管する上に内容の再確認をするなどの視聴率が高くなります。

      タクシー車内向けメディアの特徴


      1,中高年齢層がメインターゲット
      40代以上が約80%を占めています。
      男女比はさほど変わりませんが、利用用途は男女で異なる傾向にあります。
      (男性:仕事の移動など/女性:買い物など)

      2,獲得顧客の成約額が高い、リピート率が高い
      可処分所得の高い方がタクシーを日常的に利用しています。
      過去の実績から、タクシー広告経由の獲得顧客は、成約額やリピート率が高くなる傾向があります。