特徴


      都電荒川線車内のデジタルサイネージ『都電(TODEN)チェンネル』


      車内の行き先表示モニターの横に設置されている広告用モニターに配信できるデジタルサイネージメディアです。荒川線は、三ノ輪橋~早稲田間を結ぶ、地域の身近な足として長年親しまれています。乗車客が次の駅を確認する度に自然とモニターに目に留まるので注目率が高い上に、毎日電車を利用する通勤通学客やファミリー層、中高齢者であれば何度も広告に接触する可能性が高まります。

      また、乗客は目的の駅に着くまで車内の一定の位置に乗車しているという特徴から、放映されている広告を落ち着いて見る時間があります。荒川線ユーザーの興味を惹く情報・サービス・製品のPRに効果的です。