地図アイコン地図で探す

      商品一覧 交通広告

      の検索結果(3,237件)

      交通広告

      交通広告とは
      交通広告とは、電車やバス・タクシーなど交通機関やその施設を利用して行う広告のことを指すOOH(Out Of Home)の一種です。看板・ポスターなどが一般的ですが、最近では駅・空港・停留所などの施設や、電車・飛行機・タクシーなどの交通機関内でもDOOH(デジタルサイネージ)の利用が普及しつつあります。

      主な交通広告の種類
      ・駅広告
      駅広告とは、駅の構内に掲出される駅の利用者に訴求するための広告媒体です。
      駅ポスター広告(駅貼り広告)、駅看板(サインボード)の他、駅によってはデジタルサイネージ広告・フロア広告・横断幕広告・フラッグ広告など非常に種類が多彩です。周辺住民や通勤通学での利用者に密着したメディアで駅周辺エリアをターゲットにした広告展開や利用者の属性が明確である駅では、特定のターゲットに訴求することも可能です。また、本来広告スペースとして設けていない場所へ一時的に広告を掲出するSP広告もあります。

      ・電車広告
      電車広告とは、電車の中や車両の外に掲載する広告の総称で、電車を利用する方々へ向けた広告です。
      通勤・通学での電車利用者や沿線生活者への宣伝告知に活用される広告メディアです。電車広告は、通勤・通学時など習慣的な電車利用者に何度も広告接触することでき、かつ「電車内」という限られた空間のため、1つ1つの広告が読み込まれやすい傾向にあります。公共交通機関であり、生活に密着した電車広告は、他の屋外広告に比べても、視認性で高い効果を発揮します。
      電車広告は、中づり広告やまど上広告をはじめ、ドア横広告、ビジョン広告など種類が豊富です。数日から1ヶ月単位の期間でご利用いただける媒体が多く、短期から中長期での訴求に優れています。また、電車内に長期間掲出されるステッカーや車両をジャックした広告貸切電車など、電車広告は目的に合わせて選択ができます。
      路線を選定することもでき、沿線沿いの施設の告知や路線エリアの住民属性をにらんだターゲットを選定した宣伝も可能です。電車広告の効果を最大化するためには、広告の出稿目的を整理し、予算に合わせて、効果的な路線や掲載箇所を選定する必要があります。

      ・バス広告
      バス広告とは公共交通機関であるバスの車内や車体を利用した広告手法で、交通広告の1種です。
      交通広告とは電車やバス、駅構内などの公共交通機関に掲出できる広告全般のことを言いますが、中でもパス広告は、地域住民の認知度向上や企業イメージ向上に大きな効果が期待できるメディアです。電車広告に比べるとリーチできる人数は少ないものの、繰り返し宣伝広告を見せることで商品・サービスに対する親近感が増し、購買行動への精神的障壁を減らす効果が期待できます。
      視認性の高い後板広告(車体後部の看板広告)ですら、1台当たり月額1万円以下で広告出稿可能な場合もあるなど、リーチに対する費用対効果が高い点もバス広告の魅力の1つです。バスは路線によって観光客や地域住民など利用者属性が大きく異なります。そのため、バス広告の広告効果を高めるためには、「どの路線」の「どの利用者属性」への広告宣伝が自社の商品・サービスに最も適しているかを事前に調査、選定する必要があります。

      ・タクシー広告
      交通広告とは電車やバス、駅構内などの公共交通機関に掲出できる広告ですが、その中でも、タクシーの車内や車体を利用した広告メディアのことをタクシー広告と言います。
      電車広告やバス広告とは異なり、他に人が居ないクローズドな空間で商品・サービスの広告宣伝ができる事が強みとなっています。リーチできる人数で見たら、利用者数が多い電車広告やバス広告の方が有利ではありますが、タクシー広告は商品・サービスについてより深い商品理解を得られやすいといったメリットもあります。
      タクシー広告は、よく見かける「デジタルサイネージ」を使った動画広告を始め、「レシート裏面広告」や「車内リーフレット設置」、「手渡しサンプリング」などプランも様々。また、「大企業の本社が多い周辺エリア」など、ある程度エリアを選定することも可能です。
      タクシー広告の効果を最大化するためには、広告の出稿目的を整理し、予算に合わせた効果的なエリアやプランを選定する必要があります。