地図アイコン地図で探す

      商品一覧 交通広告 電車

      の検索結果(601件)

      電車

      電車広告とは?
      電車広告とは、電車の中や車両の外に掲載する広告の総称で、電車を利用する方々へ向けた広告です。通勤・通学時など習慣的な利用者に何度も広告接触することでき、かつ「電車内」というクローズドな空間のため、1つ1つの広告が印象付けしやすい点が特徴です。公共交通機関であり、生活に密着した電車広告は、他の広告に比べても、視認性で高い効果が期待できます。
      電車広告は、中づり広告やまど上広告をはじめ、ステッカー広告、電車内ビジョン広告など他の交通広告と比べても種類が豊富です。数日から1ヶ月単位の期間でご利用いただける媒体が多く、短期から中長期での訴求に優れています。
      また、路線を選定することもでき、沿線沿いの施設の告知や路線エリアの住民属性をにらんだターゲットを選定した宣伝も可能となっています。

      電車広告の種類と特徴
      ・中づり広告
      車内中央の天井部よりポスターを吊り下げて掲載する広告で、どの場所からも目につきやすく電車広告の中でも視認性に優れた注目率の高い電車広告です。電車広告でも最も知名度があり、電車内でも存在感がある広告手法となっています。
      中づりの電車広告はB3サイズのポスターで1車両1枚が基本となりますが、左右両側を1枚のポスターで掲載するB3ワイドサイズで表現力を活かしたり、車両すべてに掲載してジャック的に見せることも可能です。
      中づり広告は短期で実施が出来るため、商品・雑誌の発売など新商品・サービスの認知向上や、期間限定キャンペーン・イベント案内などタイムリーな告知などの短期的なスポット広告などに多く用いられています。

      ・まど上ポスター広告
      まど上ポスター広告は、車内上部の網棚付近に掲出するポスター型の電車広告です。乗客の目の前で長時間接触することができるので、最後までクリエイティブを見てもらうのに十分な時間を確保でき、毎日の通勤・通学者へ反復した訴求が可能です。
      基本は1車両1枚でB3サイズですが、1枚を横に長くしたり、2枚連貼りにしたワイドサイズでの展開したりすることもできます。料金設定も他の電車広告に比べ安価なので、電車広告の第一歩として試される方も多くなっています。

      ・ドア横ポスター広告
      ドア横ポスター広告は、電車内でも特に密集度の高い乗降ドアの両サイドに掲出される電車広告です。座席に着いている乗客や立っている乗客からも、ちょうど自然に目に入りやすい位置で掲出されるので視認性に優れています。
      各電鉄により異なりますが、B3サイズ、1車両1枚で1週間から1か月程度の短期掲出が可能です。

      ・ドア上ポスター広告
      ドア上ポスター広告は、特に密集度の高い乗降ドア上部に掲出されるポスター広告です。路線案内やインフォメーションのそばに掲出されるため、電鉄からのお知らせのように自然に広告を見せる事が出来ます。
      掲出期間は電鉄により異なりますが、1か月単位での設定が多く、中期での訴求展開に優れています。

      ・ステッカー広告
      ステッカー広告は電車内に設置されたステッカー型の広告です。車内の窓面に貼るドアガラスステッカー広告や、ドア横に貼る戸袋ステッカー、ドア上部に位置するステッカー広告、 車両を連結する出入口そばの壁面に貼るサイドステッカー広告などが一般的となっています。
      サイズも電鉄ごとにより異なりますが、H165㎜×W200㎜サイズで1車両1枚からの掲載が基本となります。掲出期間は1ヶ月と長めに設定されているケースがほとんどです。

      ・つり革広告
      電車内のつり革部分に掲出される広告で、アドストラップとも呼ばれます。他電車メディアと比べて立体的な形状で掲載でき、連なって広告が掲出されるため、つり革利用者のみならず全ての電車利用者に対して広告を訴求することが可能です。また、クリエイティブ次第でSNS等の連携効果も期待できます。

      ・電車内ビジョン
      電車内ビジョンは、電車内ドア上部に設置されているモニターを使ったデジタルサイネージです。
      広告以外にも、天気やニュースなどが流れており、合間に広告が流れる仕組みとなっています。動画により多くの情報を伝えることができるため、商品・サービスの詳細な情報まで訴求することができます。動画はもちろん可能ですし、静止画でも掲載が可能です。ただ、音声を流すことができないため、テロップを入れるなどの工夫が必要となります。
      1週間から放映が可能で、基本は15秒単位となります。

      ・車体広告
      電車の車体スペースを利用する電車広告で、車体の両側面に掲出できます。通常何もないスペースに広告を出せるため、視線を集めやすく、伝えたい情報を瞬時に視覚に訴えます。また、その電車を利用する方以外にも歩行者や駅ホーム利用者に向けた広告展開が出来る点も特徴です。
      ホーム上で待機する電車利用者だけでなく、屋外への訴求効果も期待でき、企業イメージやブランディングなど強いインパクトを与えます。

      ・広告貸切列車
      1社単独で中吊りポスター・ドア横ポスターなど車内・車両の広告すべてを、貸し切りで独占することができる広告です。ジャック感を演出し、強烈なインパクトや乗客へ強いメッセージを送る事ができます。接触した乗客の注目率は抜群で話題性が高いため、SNSでの浸透効果や企業のイメージアップにも効果的です。1週間からの短期掲出が可能な電車広告になります。