地図アイコン地図で探す

      商品一覧 雑誌

      の検索結果(376件)

      雑誌

      雑誌広告とは?
      広告物を掲載する際の雑誌とは、主に季刊誌・月刊誌・隔週誌など定期的に発行・配布されている情報誌を指します。特定のジャンルに絞った情報を掲載することが多く、広告を出稿する際、自社の商品・サービスの見込み顧客となり得る属性を持った消費者が購読している情報誌を選定することが重要となります。一般的には折り込みチラシやポスティングなどと比べると費用は高くなりがちですが、その分ターゲットを絞り込みやすいため、広告出稿する情報誌を正しく選定できればブランドイメージの向上、数値的反響など費用対効果が期待できる紙媒体と言えます。
      雑誌広告とは主に定期的に発行されている情報誌に広告や記事を掲載することで企業の商品・サービスを宣伝する広告手法を指します。どの情報誌も一定の読者をすでに獲得していることや、情報誌の掲載内容から読者の属性を把握しやすいことなどから、広告効果が期待できます。定期的に刊行されている情報誌が多いため、刷り込み効果を狙う意味でも、継続的に同じ雑誌へ広告を出稿することで効果的です。

      雑誌広告の種類
      雑誌広告は表紙裏や裏表紙などそれ単体で目立つ場所に掲載するものや、情報誌内でページを割いて掲載されるものなどがあります。雑誌広告の種類は大きく純広告と記事広告の二つに分けられます。

      ・純広告
      純広告とは雑誌の表紙裏や裏表紙など広告掲載面に広告出稿をする雑誌広告です。依頼企業がデザインした広告を掲載するもので、比較的目立つ位置にある広告でスペースも大きいことが多いため、雑誌広告の中でも視認性が高いと言われています。

      ・記事広告
      記事広告はタイアップ広告とも呼ばれ、掲載誌側が広告物を記事の体裁にライティングしたものを掲載する雑誌広告のことを指します。雑誌の中面に掲載記事と同じような体裁で掲載されるため読み飛ばされることが少なく、商品・サービスの詳細な情報を読者に伝えたい際に有効な雑誌広告です。費用はかかりますが有名人やインフルエンサーを利用した記事を出稿することも可能です。

      雑誌広告の特徴
      雑誌広告はすでに流通している情報誌のスペースを使った広告手法です。多くの情報誌が様々な形態で広告出稿を受け付けており、費用やアピールしたい情報を考慮して最適な掲載方法・掲載箇所を選定することが重要です。
      雑誌広告は多くの情報誌が純広告だけでなく紙面を利用した広告出稿を募集しています。必要な費用は情報誌のジャンルや発行部数によっても様々ですが、記事広告であれば掲載するサイズによってある程度、自社のコストに合わせて掲載することも可能です。

      純広告の掲載箇所
      自社がデザインした広告物の出稿が可能な純広告ですが、いくつかの掲載スペースを提供している情報誌が多くあります。

      純広告の掲載箇所
      表二:表紙の裏面
      表三:裏表紙の裏面
      表四:裏表紙
      特表二見開:表紙の裏面から目次まで
      目次前:目次の前
      目次裏:目次の裏
      目次対抗:目次の対抗面
      コラム対抗:コラムの対抗面

      雑誌広告のメリット
      情報誌は読者が自ら選んで手配しているものが多いため、掲載される広告までしっかり目を通してもらえることが多いと言われています。 その他にも、保存性の高さや、繰り返し見られる反復性の高さなども特徴の一つです。

      ・ターゲティングが容易
      広告物と親和性の高い情報誌を選ぶことで多くの見込み客へダイレクトにアプローチすることが可能なため、高い費用対効果が期待できます。情報誌によってどのジャンルの情報が掲載されているかを予め知ることができるため、雑誌広告は読者の属性を把握した上で掲載する情報誌を選定することが可能です。不特定多数の消費者へ情報発信する広告媒体に比べると、情報を受け取る消費者数は少ないものの、一人一人が既に見込み顧客であることがわかっているため、ある程度大胆な広告出稿が可能な点も特徴です。

      ・反復性の高さ
      広告を出稿する情報誌の多くは一定期間毎に発行されている定期刊行誌であることが多く、次号が手元に届くまでに繰り返し見られる可能性が高い印刷物でもあります。必然、掲載されている広告物も繰り返し目に留まることになりますので、情報が記憶にとどまりやすく、その分広告効果も高くなる傾向にあります。

      雑誌広告の今後
      情報誌自体の発行部数は年々減少傾向にあります。Webメディアが急速に成長してきていることが影響の一つで、多くの情報誌がデジタル版を発行し消費者をいつでもどこでも購入できるデジタル版へ誘導していっています。そんな中でも雑誌広告は、情報誌本誌を自らが能動的に購入している消費者にのみ発信できるため、発行部数の減少に関わらず今でも広告効果が期待できると言われています。
      オンライン広告の台頭や動画広告市場の急成長、活字離れや雑誌発行部数の減少など、情報誌業界において向かい風になる言葉が広告業界には乱立しているかに思われます。ですが、こと雑誌広告においては限られたコストで消費者とより濃度の高い接触が可能になっているとも言えます。
      多くのジャンルで専門誌と呼ばれる雑誌が発行されており、その多くが広告スペースを設けています。今まで様々な理由から広告掲載を断念していた企業もミニマムなところからでも雑誌広告への広告出稿を考えてみてはいかがでしょうか。