地図アイコン地図で探す

      商品一覧 看板・ビジョン 電柱・消火栓

      の検索結果(3件)

      電柱・消火栓

      消火栓広告・電柱広告とは
      消火栓広告・電柱広告はどちらも公共性の高い媒体を使った屋外広告です。年間掲出でも数万~数十万円と広告料金が低価格で、地域に根差した媒体である事から、店舗の道案内や地域での企業ブランディングの一環として利用されることが多くなっています。どちらも、基本的に1本1箇所から掲載が可能となっています。
      あまり知られてはいませんが、消火栓広告・電柱広告はデザイン制作から設置・管理までワンストップで実施が可能なため、利用する企業にとっては検討段階から運用開始までの手間が少ない広告手法でもあります。

      消火栓広告とは
      消火栓広告は全国に設置されている消火栓標識を利用した看板広告です。公共の道路上に広告出稿ができる数少ない屋外広告となっています。出稿されている事例の多くが施設への案内誘導を目的としている場合が多く、施設周辺の消火栓複数本に広告に案内広告を出すケースも少なくありません。また、地域の不動産店などが地域でのブランディングを兼ねて複数本出稿する事例も多々あります。「○○町といえば□□不動産」といったイメージ付けを行いやすいのも消火栓広告の特徴です。

      消火栓広告のメリット
      ・公共性が高い屋外広告であること
      消火栓広告は道路上に設置されている標識を利用した特殊な屋外広告です。設置箇所が「消火栓の標識」という公共性の高い建造物であるため、信頼や安心感などを与えやすい傾向にあります。
      また、消火栓標識は広告の掲載費で運営されていることもあり、広告を出すことが社会貢献にも繋がる一面もあります。

      ・他の屋外広告に比べても低価格で広告掲載が可能
      消火栓広告は視認性の高い看板広告ながら、年間でも数万円で広告出稿が可能となっています。
      金額は広告費・デザイン料も含めて年間数万円、月にすると5,000円~10.000円/月程度で広告出稿が可能です。通常、屋外看板と言うと金額が高いイメージがありますが、消火栓広告は低コストで出来る屋外看板としても人気があります。

      ・視認性の高いこと
      消火栓標識は赤いポールに赤い標識と、緊急時にも街中で目立つようにデザインされています。看板広告の内容に関わらず視認性の高い広告宣伝となる点がメリットの1つです。
      また、同じ公共性がある屋外広告である電柱広告よりも「高さ」が出せるため、長距離からの視認性が高く、歩行者のみならずドライバーにも広く広告をリーチする事が出来ます。

      電柱広告とは
      数十メートル間隔で連続掲載することが可能な電柱広告は、歩行者・ドライバー向けの店舗までの誘導や、地域生活者へ店舗の認知度を上げるなどの効果が期待できる屋外広告です。電柱という公共性の高い媒体に掲載できる電柱広告は企業イメージ向上効果や地域でのブランディング効果も期待することができます。

      電柱広告の種類
      ・袖広告(掛広告)
      袖広告は電柱の比較的高い位置に飛び出す形で広告を掲出する電柱広告を指します。比較的高い位置に掲出が可能なため、歩行者はもちろん、ドライバーなどへの視認性が高いことが特徴です。現に、車での来店が多い実店舗への交通誘導として使用されることが多い電柱広告となっています。

      ・巻広告
      巻広告は歩行者の目線に入る位置に巻き付けるタイプの電柱広告を指します。一般的なサイズは1,500㎜×330㎜とショートタイプ1,200㎜×360㎜の2種類があり、袖広告よりも電柱の近くを通行する歩行者向けにアプローチがしやすい電柱広告です。企業ロゴやキャラクターなどを利用し、より歩行者に足を止めて見られるデザインで広告出稿することで、視認性を高めた広告も多く見かけられます。

      電柱広告のメリット
      ・低単価で出稿できること
      電柱広告は消火栓広告同様、掲出費用も比較的安価で出稿が出来ます。電柱広告は長期契約が基本となっていますが、年間でも数万~数十万レベルでの出稿が可能です。長期で安く出稿できる点は他の屋外看板にはない大きなポイントといえます。初めて掲出の際は、広告物の制作が必要となっており、1度作って長く使う方が多くなっています。
      また、契約後は電柱広告の補修なども適宜行ってくれるため、長期間の広告出稿でも安心して利用が可能です。電柱広告は、長期間、手間をかけずに誘導広告を掲出し続けることが可能な数少ない屋外広告と言えます。

      ・地域住民のみならず、付近を通る不特定多数の人にリーチが可能
      公道に設置されている電柱に直接広告を掲出する電柱広告は、視認性の高さが最大の特徴です。電柱広告の大多数が実店舗への誘導広告で、店舗への誘導に加えて地域住民への認知度向上に効果が期待できます。とくに、地域住民に対しては露出機会も多く、無意識のうちに広告内容が刷り込まれている場合も多いようです。主に消費者が車で来店する大型店舗では袖広告、徒歩や自転車での来店が多い商店では巻広告と、店舗規模や取り扱っているサービス・商品によって出稿形態を選定できる点も電柱広告ならではの特徴となっています。