料理好きな人にアプローチできる広告とは



昨今、新型コロナウィルスの流行もあっておうち時間が増える中、自宅で食を楽しみたいと外食ではなく、自宅で自炊される方も増えています。

この記事では、料理好きな人の客層やターゲット、また料理やレシピのメディアとはどういったものがあるかをご紹介いたします。
また、料理好きな人にアプローチできる広告について詳しく説明していきますので、広告出稿を検討されている方は参考にしてみてください。


料理好きな人とは


まず、料理が好きな人の特徴としては「美味しいものを食べることが好き」「食にとても興味がある」という方がほとんどです。
美味しい物を知っている、食べることが好きというところから自宅でも再現しようと自炊しようという気持ちになります。

料理好きと言えば比較的女性の方が多いイメージでしたが、近年では料理男子という言葉もあるほど、男性で料理される方も増えています。
作ることに加えて、調理器具などに興味を持つ男性も多くなっています。

現代では20代男性のおよそ3人に1人が週3日以上料理している、と言われています。
料理を始めた理由としては、節約や健康の為という理由が多くあります。
特に若い男性の方は、「インターネットレシピを見ながら覚えた」という意見が多く、現代のインターネット社会に合わせたアプローチが効果的です。


料理やレシピのメディアとは


具体的には料理やレシピのメディアとはどういうものがあるのでしょうか?
料理やレシピのメディアといっても、さまざまな種類がありそれぞれに特徴があります。

具体的にはレシピサイトや家庭料理雑誌、フリーペーパーなどが多くを占めています。
また、インフルエンサーが広告として商品を紹介することも多くなっています。

たくさんあるメディアの中からそれぞれにあったユーザーへのアプローチが必要です。

レシピサイトでは料理の作り方について詳しく載っているので、今すぐ料理を作りたいという方が多く訪れます。
比較的若いユーザーが多く利用者は女性に限らず、男性も多く利用しており、料理の材料や作り方だけではなく、コラム記事や話題の情報について記載されていることもあるので、料理経験が浅い方にも比較的目に届きます。

家庭料理雑誌は料理に加えて、暮らしや健康などについても記載されているものが多いため、30代以上の女性のユーザーが中心です。

地域に密着したアプローチが効果的なものはフリーペーパーです。
主に自宅にポスティングされますのでターゲットがわかりやすく、費用対効果がわかりやすいのがメリットです。
クーポンなどと組み合わせることによって試して、判断できるという点も魅力になります。

近年ではインフルエンサーが紹介することで話題が広がることも増えています。
女性だけではなく、料理ネタが得意な男性クリエイターもいるため、そういった方に紹介してもらうことで女性だけではなく男性の料理好きも取り込むことができます。

インフルエンサーは一般の消費者により近い目線で広告宣伝できるため、ユーザーとしては親近感が湧きやすく内容が入っていきやすいというところがメリットです。


料理好きな人にアプローチできる広告とは


では、どのようにアプローチしていくか詳しく解説します。

・レシピサイト

料理が好きな人はレシピを参考にするだけではなく、自身でレシピを公開されている方も多くいます。レシピを見ながら食材を買いに行く方も多いので、食材や食品の宅配サービスやキッチン用品などのプロモーションに適しています。

・家庭料理雑誌

雑誌では、料理だけでなく家事などについても記載されていることが多いので主婦の方に向けたアプローチが効果的です。また、雑誌によって読者のニーズも異なってきますので、自社にあったユーザー層が多い雑誌を狙うことが大切になってきます。

・情報誌

地域密着型のアプローチ方法です。地元企業様・商店様の情報発信に加えて地域の身近なコミュニティ誌として、地域活性に貢献しているものが多くありますので、特定のユーザーに対してのアプローチに適しています。

メディアはいろいろありますのでユーザーにあったメディアへの広告出稿が、より効果的なアプローチにつながります。また、アピールしたい商品やサービスを利用した記事を合わせて掲載することで、広告をただ載せるよりユーザーを引き付けることが可能です。


料理好きな人にアプローチできる広告のおすすめ媒体



まとめ


料理好きな人にアプローチできる広告は、WEB上から紙媒体まで種類が豊富にあります。
アピールしたい商品やサービスを利用した記事に合わせて広告を載せることで、ユーザーを引き付けることが可能です。
自社におけるユーザー層に合った媒体に広告を出稿することで、利用者も多く見込めると思います。
料理好きな人がターゲットの広告を出稿する場合は、ぜひこちらの記事を参考にしてみてください。

関連記事