デジタルサイネージ広告の効果について解説!|広告効果や実施のメリットなど

今では町で見かけない日はないほどに全国的に普及しているデジタルサイネージ広告。この広告手法は今や多くの企業のプロモーション活動において必要不可欠なものとなりつつあります。
今回はそんなデジタルサイネージ広告のメリットや、利用することで得られる効果について解説していきます。

様々なシーンで活躍している広告手法とあって、広告宣伝を行う企業にとって多くのメリットがある魅力的な広告手法の1つですので、デジタルサイネージ広告を積極的に運用していない企業も、ぜひ参考にしていただければと思います。

デジタルサイネージ広告のメリット

デジタルサイネージ広告の急速な普及の背景には、液晶ディスプレイやLEDビジョンといった技術の進歩といった要因ももちろんありますが、多くの企業にとってデジタルサイネージ広告を利用する直接的な理由にはなり得ません。それではここまで多くの企業がデジタルサイネージ広告を利用するようになった理由とは一体どこにあるのでしょうか。

従来の看板広告とデジタルサイネージ広告の最大の違いは、アナログかデジタルか、というところにあります。デジタルサイネージ広告のメリットの多くは、この『デジタルな広告』という点から生まれています。

それでは、従来のオフライン広告とは違う、デジタルサイネージ広告ならではのメリットについて解説していきます。

デジタルサイネージ広告のメリット ~情報量の多さ~

デジタルサイネージ広告の最大の特徴・メリットは動画広告が使用できる点にあります。

従来の看板広告は静止画(それも固定のデザイン)を一定期間掲出するのみでしたが、デジタルサイネージ広告では動画広告として訴求したい内容を放映することが可能です。

限られた広告スペースに情報を詰め込みすぎることは広告物のデザインとして好まれませんが、動画広告であれば静止画の広告物よりも多くの情報を盛り込むことができます。一定期間掲出する広告物において、一度の掲出でより多くの情報を伝えられる点は非常に大きなメリットと言えます。

デジタルサイネージ広告のメリット ~訴求力の高さ~

前述の情報量に加え、高い訴求力もデジタルサイネージ広告のメリットの1つです。

デジタルサイネージ広告は、通常の看板広告のようにライトアップする必要がなく、昼夜問わず視認性の高い広告掲出が可能です。特に屋外看板の代替品として使用される大型ビジョンにおいては、この視認性の高さは非常に重要となります。また、動画広告は静止画のみで訴求する広告宣伝よりも消費者の記憶に残りやすいと言われています。

デジタルサイネージ広告のメリット ~即自的な訴求が可能~

デジタルサイネージ広告の最大のメリットは前述の通り、動画広告を利用できる点にあります。さらに、広告物がアナログからデジタルに変わったことによって、広告宣伝の即時性が増したこともメリットの1つです。

従来の屋外看板であればデザインから看板を作成、仕上がった看板を施工するという工程が必要でした。デジタルサイネージ広告では、この看板作成と施工の工程が一切不要なため、仕上がったデザインを即自的に掲出することが可能です。

このメリットは、期間限定のキャンペーンや、その日その時の気候などを反映させた広告宣伝などに積極的に活用されています。

デジタルサイネージ広告の効果

実際にこのデジタルサイネージ広告のメリットがもたらす直接的な効果について紹介していきます。

デジタルサイネージ広告の効果 ~ブランディング・認知度向上~

デジタルサイネージ広告の最大の特徴は不特定多数の人に対する訴求力の高さです。
大型ビジョンを利用することで多くの人の目に留まりやすく、かつ、記憶に残りやすい広告掲出が可能で、ブランディングや認知度向上に大きな効果が期待できます。

デジタルサイネージ広告の中でも街頭ビジョンを代表とする大型ビジョンは不特定多数の人にリーチできる広告手法です。この不特定多数へリーチできるという特徴も、ブランディングや認知度向上を目的とした宣伝広告には非常に重要な要素と言えます。

デジタルサイネージ広告の効果 ~購買行動への誘導~

デジタルサイネージ広告では、デジタルなデータで広告物を入稿、即自的に広告掲出が可能なものも多く存在します。即自的な広告出稿が可能になることによって、期間限定キャンペーンなど、実店舗への誘導に効果が期待できる宣伝広告が行いやすくなります。
また、デジタルサイネージ広告では動画広告を掲出できるため、商品・サービスの使い方や使用感などを詳細に紹介することも可能です。

このようにデジタルサイネージ広告の特徴を活かした広告宣伝は、従来の看板広告よりも消費者の購買行動に直結する広告宣伝となり得ます。

デジタルサイネージ広告の効果 ~人的コストの軽減~

デジタルサイネージ広告は広告物のデザインから出稿までを全てデータ上で行います。そのため従来の看板広告のようにデータ上のデザインを出力、看板を制作する工程や、施工する工程が不要となります。

この制作や施工という工程は直接広告出稿を依頼する企業が行う業務ではないものの、工程が増えればそれだけ1つずつの工程に対してチェックをするという作業はどうしても生まれてしまいます。
デジタルサイネージ広告を利用することは、それぞれの工程に割いていた時間が不要になるということです。

人を動かすためにはその分費用が必要となるため、目には見えにくいこういったコストを削減できるという点も、デジタルサイネージ広告を利用することで得られる効果の1つです。

デジタルサイネージ広告の効果 ~費用対効果の高い広告宣伝~

デジタルサイネージ広告=大型ビジョンというイメージから、広告出稿に必要な費用が大きくなると感じている人も多いかと思います。実はこの多くの人が抱いているイメージは、必ずしも当てはまるとは限りません。

デジタルサイネージ広告の中には設置されたビジョンの決まった曜日、時間のみに自社の広告出稿が可能なものなども多く存在します。このようなデジタルサイネージ広告の利用は、看板作成費、施工費と合わせて費用を従来よりも費用を削減することにも繋がります。

エリアや消費者の属性などのターゲティングと合わせて、効果的な時間に必要なだけ広告出稿をすることで低コストかつ高い訴求力のある広告宣伝が行える点は、デジタルサイネージ広告ならではのメリットと言えます。

デジタルサイネージ広告の事例

今回ご紹介したサイネージ広告を含め、広告が出稿できるデジタルサイネージは下記で一覧で見ることができます。是非チェックしてみてください。

店舗・施設内(デジタルサイネージ)の広告一覧

まとめ

デジタルサイネージ広告は、単に看板広告がアナログからデジタルに変わったというだけという認識を持たれることがしばしばあります。確かに広告物の掲出方法に関してのみ言えば、概ねその理解でも問題ないかもしれません。
ですが、看板広告の主な掲出方法がアナログからデジタルに変わったことで、当たり前に不可能だった広告宣伝が、日常的に各地で行われるようになりました。情報量の多い広告宣伝、即時的な広告宣伝など、デジタルサイネージ広告の登場によって広告宣伝の幅は確実に拡がっています。

それでは改めて、上記を含むデジタルサイネージ広告のメリットと効果についておさらいしておきましょう。

デジタルサイネージ広告のメリット
  1. 情報量の多さ
  2. 訴求力の高さ
  3. 即時的な広告宣伝が可能
デジタルサイネージ広告の効果
  1. ブランディング・認知度向上
  2. 購買行動への誘導
  3. 人的コストの削減
  4. 費用対効果の高い宣伝広告

上記のメリットや得られる効果は多くの企業にとって、広告宣伝を行う際の課題となり得る部分でもあります。
もし1つでも当てはまる項目があるようであれば、課題を解決する広告手法として、まずはお近くのデジタルサイネージ広告について調査・検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事