DOOHとは | 市場規模や事例、広告媒体など

屋外広告の一つとして普及しつつあるDOOH(Digital Out Of Home、屋外デジタル広告)。

昨今では、通信回線やディスプレイ技術の向上によって様々な場所で屋外デジタル広告を見るようになりました。アナログで広告を掲示するOOH(屋外広告)と比べて、即時性の高さや広告売買の方式によっては低単価での掲載が可能など多くのメリットがあります。

既存の大手広告代理店以外も自社のネットワーク技術を使い屋外デジタル広告事業に参入するなど、競争が激化しているのも特徴の一つです。

本日は、そんな今話題のDOOHについて事例とともに解説していきます。


DOOH(Digital Out Of Home、屋外デジタル広告)とは?

DOOHとはDigital Out Of Homeの略称で、デジタルサイネージを利用したOOH(屋外広告)の総称です。電車のドア上部に設置されているものや新宿の交差点にある大型なものなど、私たちの日常に溶け込み情報を発信してくれています。

企業の広告など決まった情報を配信し続けるDOOHもあれば、即時性を高めることに成功した「ダイナミックDOOH」や「プログラマティックDOOH」など、その広告出稿の形は様々です。




OOH(Out of home、屋外広告)

屋外で見かける広告物全般を指し、工事現場の看板広告や、街頭でのサンプリングなどもこのOOHに該当します。技術の発展に伴って少しずつOOHの中でもDOOHが占める割合は大きくなってきています。



ダイナミックDOOH

インターネットとの接続やセンサーやカメラなどIoT機器との連動によって、天候など周辺の外部情報をリアルタイムで反映させた表示が可能な屋外デジタル広告です。

広告が見られているリアルタイムの状況を反映させることが可能なため、より広告効果を高めることができると言われています。



その他にも、東京メトロが企業広告を桜の開花情報とリンクした内容で発信するなど、現在では様々なシーンでダイナミックDOOHが活用されています。


プログラマティックDOOH

プログラマティックDOOHは、SSP(Supply Side Platform)とDSP(Demando Side Platform)を利用したRTB(Real Time Bidding)で広告枠売買が可能なDOOHです。

DOOHをインターネットやIot機器と接続することで、リアルタイムな広告効果が把握できるようになったことで、この広告枠の販売方式が普及したと言われています。





DOOHの仕組み

DOOHの仕組みにはスタンドアロン型、ネットワーク型、インタラクティブ型の3つの種類があります。

スタンドアロン型

表示したいデータをUSBなど外部メモリに保存し、DOOHと物理的に接続することでデータをやり取りする方式です。

比較的小さな看板などに用いられることが多く更新にかかる人的負担が大きいため、定期的に更新が必要な広告には不向きな方式と言えます。


ネットワーク型

主流になりつつある方式で、DOOH自体がインターネットと接続されており、広告データの更新などをインターネット回線を使って行うタイプです。

大型ビジョンなど直接人が移動しにくい場所に設置されていたり、更新頻度の高いDOOHに適したタイプで、プログラマティックDOOHはこのタイプが用いられます。


インタラクティブ型

回転ずし屋で見るものや、大手書店の蔵書検索などに用いられるタッチパネルなどがこのインタラクティブ型DOOHに該当します。事業者や広告主以外の第三者が何かしらの動作を行うことができるものを指し、タッチパネルであることが多くなっています。

消費者自身が選択したという認識が強くなるため、満足度の高い購買が可能とアパレル業界などでも使用されています。


DOOHのメリット

DOOHは既存のOOHと違い、掲示物の更新をデータで行えるため、即時性が高い点が特徴の一つです。

近年ではDOOHの長所をさらに活かした「ダイナミックDOOH」や「プログラマティックDOOH」も普及し、その活躍の場を広げています。その特性上、IoT機器を含むインターネットやSNSとの親和性も高く、「ダイナミックDOOH」のようにリアルタイムの情報を反映させた広告表示も可能です。

RTBを利用した「プログラマティックDOOH」の普及に伴って、既存の屋外看板のように大手広告代理店を経由せずに広告出稿が可能なサービスなども展開され、中小規模の企業や店舗でも利用しやすいよう間口が広がっています。

従来は広告効果の測定が難しく予約販売型が主流でしたが、IoT機器や人の移動を測定するシステムなどが開発されたことにより、Web広告と同様にインプレッション(広告視聴数)型販売で広告出稿が可能な屋外ビジョンなども増えています。インプレッション型の広告出稿は従来のOOHのように長期契約が不要なため、比較的コストを抑えて屋外デジタル広告を使用できる点もメリットの一つです。



DOOHの市場規模

現在DOOHの国内市場規模は拡大の一途を辿っています。

デジタルサイネージ広告市場においては、2019年時点では749億円だった市場規模が2023年には1,248億円と約1.7倍となることが予想されています。※デジタルサイネージ広告市場規模推計・予測 2018年~2023年 CCI(CARTA HOLDINGS)/デジタルインファクト調べ

同調査ではデジタルサイネージ市場としては、交通機関(タクシーなど)が市場の約6割を占めると報告されていますが、屋外広告などのDOOH市場の拡大も予想されています。



DOOHの設置事例

DOOHは一つの大きな広告媒体として注目され、次々と新たに設置されています。

新宿K-DGキングウォール

京王線新宿駅の改札上部に設置された大型のビジョンで、2020年6月1日から広告が掲載される予定です。画素ピッチ4mmのLEDビジョンを採用し、大画面ながら高画質での掲示が可能な屋外ビジョンとして注目されています。


ツタヤエビスバシヒットビジョン

大阪・道頓堀にあるTSUTAYA戎橋店に設置された大型ビジョンです。

観光名所の一つ道頓堀を象徴する大型ビジョンで、訪れる人の多さから広告効果の高いDOOHとして注目されています。

プログラマティックDOOHとしてRTBでの広告枠売買が可能になった点も話題となりました。



DOOHを活用したサービス事例

DOOHと言っても広告出稿の方法などその利用方法は様々です。インプレッション販売型のDOOHや、動画データの作成から広告出稿までをサポートするなど、場所やニーズに合わせたサービスが展開されています。


駅のビジョンとYahoo!パネルへの同時掲載が可能

東京メトロエージェンシーとYahoo!JAPANが展開する「チラシビジョン」が提携し、チラシなどの静止画データから動画を作成、広告出稿までをワンストップで行えるサービスを提供しています。

作成されたデータは、東京メトロ主要各駅のビジョンとYahoo!ブランドパネルへの同時出稿が可能です。


駅のビジョンとYahoo!ブランドパネルに同時掲載可能


Logicad DOOH

「LIVE BOARD マーケットプレイス」と連携し、国内初のインプレッション販売型DOOHを提供しています。

「LIVE BOARD マーケットプレイス」で一元管理されている都内32面のDOOHに対して、NTTドコモが提供する人口統計システムとSMN株式会社が培ったRTB「Logicad」を活用することで、インプレッション販売が可能となりました。


DOOHを利用した広告配信サービス「Logicad DOOH」を提供


DOOHの今後

5G回線の普及に伴って動画広告市場は急速に拡大し、屋外デジタル広告市場は多数接続性によって更なる発展を遂げていくと考えられます。

かつては、DOOHと言えば渋谷の交差点のような大型のLEDビジョンが主流で、広告宣伝費が大きくのしかかってくるものが主流でした。しかし現在では、技術の発展やDOOH設置数自体の増加によって、従来のOOHよりも高い費用対効果が期待できるサービスが提供されています。

今後は大小さまざまなDOOHがIoT機器と接続され、気軽に広告出稿が可能なサービスなども台頭してくるのではないでしょうか。


各地の主要駅周辺や電車内など、今や私たちの生活とは切って切り離せないDOOH(屋外デジタル広告)。地域の情報や速報性のあるニュースが放映されているケースも多く、我々の生活インフラと言っても過言ではない存在力があります。

広告業界内でも、今注目の媒体としてスポットライトを浴びており、スピーディーにかつ効果的に試せる媒体として引き合いも多くなっています。

広告が出稿できるデジタルサイネージは下記で一覧で見ることができます。是非チェックしてみてください。

店舗・施設内(デジタルサイネージ)の広告一覧