ガーデニング/園芸が好きな人にアプローチできる広告とは



おうちで時間を過ごす人が増え、在宅でできる趣味が注目を集めています。

在宅でできる趣味といえば、読書や手芸、クラフト(工芸)、などさまざまなものがありますが、その中でも、ガーデニング・園芸市場が大幅な増収となっているのをご存じですか?

花や植物を育てることで、癒し効果や、実際に野菜や果物を収穫する楽しさなどから家庭菜園も人気となっています。

そんなガーデニングや園芸を趣味としている人はどのような人で、どのような広告を展開するのが効果的なのでしょうか?

この記事では、ガーデニング・園芸市場が拡大している背景について、ガーデニング・園芸を趣味としている人の客層・ターゲットについて、ガーデニング・園芸を趣味としている人向けの広告の種類とそれぞれの効果について詳しく説明していきます。


ガーデニング/園芸について


ガーデニング・家庭菜園市場は、新型コロナウイルス感染拡大による「巣ごもり需要」により、大幅な増収となっていて、ガーデニング・園芸は、コロナ禍において在宅でできる趣味として注目を集めています。

その他の理由としては、自家製の有機栽培・果物に対する消費者の関心の高まりを受けて家庭菜園が人気であることや、震災以降の食の安全・安全意識の高まりも理由のひとつです。

また、環境問題への関心の高まりや、食品の残留農薬による悪影響に対する個人の意識の高まり、垂直庭園などの造園の需要が高まっていることなども市場拡大の要因となっています。



ガーデニング/園芸の利用層とは


ガーデニング・園芸・庭いじりを趣味としている人の男女比は男性が4割、女性が6割と、女性に人気がある趣味であることがうかがえます。

特に女性の中でも、40代以上の割合が高く、ガーデニング・園芸・庭いじりを趣味とする人全体の約半数を占めています。

40代以上の女性は、「食の安全に注意している」、「添加物の少ない化粧品を選ぶ」、「リサイクルや環境保護のために日々工夫している」、「省エネに取り組んでいる」などの特徴があり、健康配慮に対する意識が高く、環境問題についても関心が高いことが特徴です。

また、ガーデニング・園芸を趣味とする人は広告をよく見るという特徴もあります。
「広告をよく見るほう」、「自分向けの広告でなくてもひとつの情報として受け取ることがよくある」の項目が高い傾向にあります。

重要な情報源として、広告からの情報収集を積極的に行っていることが分かります。

オーガニック製品やエコへの関心と、ガーデニング・園芸趣味は関連性・親和性が高く、オーガニック市場、園芸市場双方の活性化に繋がっていると考えられます。
よって、ガーデニング・園芸を趣味とする人にむけた広告としては、オーガニック製品や自然由来の製品などの宣伝が有効であるといえるでしょう。


ガーデニング/園芸が好きな人向けの広告の種類とそれぞれの効果


・フリーペーパーやリーフレットの設置

ガーデニング・園芸を趣味とする人たちが多く利用するホームセンターの入口やエレベーター前、レジ付近にラックを設置し、フリーペーパーやリーフレットを設置し配布することができます。
花や植物に関するフリーペーパーやリーフレットであれば、ガーデニング・園芸を趣味とする人に手にしてもらえる可能性が高く、効果的な媒体であるといえます。

・Web広告

WEB広告とは、インターネット上に掲載される広告のことです。
検索エンジン、スマホアプリ、動画サイト、SNS、ブログ、メールなど、さまざまな媒体に掲載されています。
園芸に関する書籍だけでなく、Webサイトから趣味であるガーデニング・園芸についての情報を集める人も多いです。
ガーデニング・園芸を趣味とする人が専用サイトに訪れ、Web広告を目にする可能性が高く、効果的なPR方法であるといえます。

・サンプリング

サンプリングとは、試供品(サンプル)を直接顧客に配るオフライン広告の一種です。
ガーデニング・園芸を趣味とする人にホームセンターなどでサンプリングを行うことで、園芸用品などの商品やサービスのプロモーションが可能となっており、口コミ効果も期待できます。


ガーデニング/園芸が好きな人にアプローチできる広告のおすすめの媒体



まとめ


ガーデニングや園芸は適度な運動となり、比較的お金がかからず手軽に始めることができることから人気を集めています。
そんなガーデニングや園芸を趣味とする人に向けた広告をだす際に効果的な方法について解説しました。

この記事を参考に広告出稿を考えてみてくださいね。


関連記事