求人広告とは?求人広告におけるポイントと効果を解説




近年、1社に身を置いて終身雇用をするという人材・企業も少なくなってきています。
少子高齢化の流れを受けた定年の年齢引き上げ、副業やリモートワークなど様々な新しい働き方が浸透してきている中で、求人の考え方は変わりつつあります。

またそれに付随して求人を募集する手法は多岐にわたり、昔ながらの求人雑誌だけでなく様々な媒体で求人広告を出稿できるようになっています。

本記事では、そんな進化している求人広告の概要とその効果やターゲットについて解説していきます。


求人広告とは


まず求人広告の概要についてお伝えします。

求人広告とは、企業が募集している求人情報を掲載し、求職者を集める媒体のことです。
一口に求人広告と言っても、後述するように様々な出稿先があるためそれぞれの特徴を踏まえて広告の露出計画を検討する必要があります。

また、求人広告を出稿するメリットは、求人募集の面を増やすことでより多くの求職者に見てもらえるため、多くの母集団にリーチできる点です。
自社のHPや店頭POPでの宣伝はもちろん大事ですが、多くの方に求人を見てもらうためには求人広告は欠かせません。

一方で、広告の掲載枠によって料金設定が設けられていることも多く、どの面に・どのくらいの期間で出稿するのかなどのプランの設計をしっかりする必要があり、採用数が0人でも掲載料金を支払う必要がある注意点もあります。

こうしたメリット・デメリットを把握した上で、求人広告におけるポイントをお伝えします。


求人広告におけるポイント


求人広告で採用を進めるポイントは、「自社の魅力の打ち出し方」と「具体的な募集要項の提示」です。

自社の魅力を正しく知り、他社と比較したした際の優位点は何か、求職者の求める価値と自社のベネフィットについて、何を打ち出すかを分析しましょう。

そこから具体的な募集要項へ落とし込んでいくのですが、その際に競合分析や自社の強みがはっきりしていると、どんな要項を記載すべきかがわかった上で求人票を記載できます。
例えば、長年居住している方が多い地域での求人であれば「安心して長く働ける職場」を打ち出したり、自社以外に同業者が近隣にいない場合の求人であれば「当エリア唯一の職業」などを押し出すことができます。

また前述した通り定年の引き上げ・少子高齢化に伴い若い人材の労働人口が減少する現在、採用市場の競争率は高まっています。
性別や年齢のボーダーを緩和するといった募集要項の広げ方をすることで、どんな求職者が増えるのかなど、検証してみましょう。


求人広告のターゲットと効果とは

次に求人広告におけるターゲットと効果についてお伝えします。

・ターゲット

ターゲットは、言わずもがな求職者になります。
ただし、各媒体ごとに読者の年齢層や属性が異なります。
例えば市区町村限定のフリーペーパー求人広告枠であれば、その地域に居住している・比較的通勤に時間のかからない求職者に対して広告を当てることができます。

一方で、メール広告やWEBメディアの求人広告枠の場合は地域を絞り込みすぎず保有しているユーザー属性に合わせて配信を最適化できます。
例えば女性向けメディアで求人広告を出稿する場合に女性専門の脱毛サロンなど募集要項が女性のみといった求人のターゲティング精度が上がります。

・効果

気になる効果ですが、前述した通り求職者向けの媒体に出稿できるため、他のWEB広告や雑誌広告よりも効果の高い出稿ができます。

また資格や経験が必要な看護士や保育士と言った求人であれば、専門誌などの媒体に出稿することで、あらかじめターゲットを絞り込んだ出稿ができ、効果が最大化できます。

上記のようなターゲットや効果など、特性を活かした広告出稿ができる点を踏まえて求人票などの具体的な要項を記載していくようにしましょう。


求人広告ができる媒体とは


最後に、求人広告が出稿できる媒体をご紹介いたします。

・フリーペーパー

求人専門のものから地域別に配布しているものまで、多岐にわたる無料配布媒体にも求人広告を掲載できます。特に地域別に絞り込んだフリーペーパーは、勤務先から通える範囲のユーザーへターゲットを絞り込む上で親和性のある媒体です。

・専門誌

各種専門誌への求人広告掲載が可能です。具体的な人材像として興味がある・経験者を採用したい場合、専門誌への掲載をすることであらかじめターゲットを絞り込んだ求人広告を出稿することができます。

・メール・WEB広告

メルマガやWEBメディアでも求人広告を掲載できる枠を設けています。
特に訪問者や開封率といった具体的な中間数値も可視化できる点から、検証のPDCAを回しやすい点が特徴です。


求人広告ができる媒体のおすすめ媒体





















まとめ


本記事では求人広告の概要とその効果やターゲットについてご紹介しました。

自力で求人を募集してきたけど上手く採用が進んでいない、そんな方がいらっしゃればぜひ各種求人広告を利用してみてはいかがでしょうか?

関連記事