会員向けの同封同梱広告とは




「自社のチラシや試供品などの広告物を、より確実にセグメントされたターゲットに届けられないだろうか?」
そんな悩みをお持ちのプロモーションご担当者におすすめなのが、「会員向けの同封同梱広告」です。

本記事では会員向け同封同梱広告とは何か、またその種類や効果について解説していきます。


会員向け広告とは?


今回ご紹介する広告は、ある団体やサービスなどの会員に向けてアプローチできる点が特徴です。
会員向けのアプローチにはメリットが2点あります。

①会員の属性にある程度共通点がある

会員というのはある特定のサービスを利用している人の集まりです。
例えば高級旅館の予約サイトの会員であれば、金銭的余裕のあるシニア層が多い…など、年齢層や趣味嗜好などが似通っています。
自社の商材のターゲット層はどこなのか?を明確にしたうえであれば、自ずと相性の良い媒体の選別がしやすいでしょう。

②細かなセグメントが出来る場合も

皆さんも何かサービスを利用する際に「会員登録」をすることは多いと思います。
その際、住所や年齢、性別、趣味嗜好といった個人情報を入力しますよね。

そういった会員情報をターゲットセグメントに利用できる場合があります。


同封同梱広告とは?


同封同梱広告とは、会員が購入した商品あるいは会員に送られるDM・会報誌などに、文字通り同封/同梱されるタイプの広告を差します。
同封・同梱できる広告物の規程は媒体によって異なりますが、チラシや冊子、試供品などを送ることができます。

同封同梱広告のメリットは、主に以下の2点が挙げられます。

①関心を引きやすい

同封同梱広告は自分一人に対して配布・郵送された物と一緒に受け取る広告物であるため、不特定多数の人に対して掲示してあるだけの広告物より関心を引きやすいという利点があります。

特に商品に同梱するタイプの広告の場合、購入した商品を開けない人は殆ど居ませんので、開封率は100%に近いです。
「ターゲットの手元に確実に届けたい」という場合に効果的です。

②購買意欲を上げる

チラシなど印刷物を同梱するだけでも目立ちやすく効果的ですが、試供品を同梱することでさらに広告効果が上がります。

商品を購入する前に、「試しに使ってみて買うかどうか考えたい」と思ったことのある人は多いのではないでしょうか。
試供品はターゲットへの認知を広げることができるだけでなく、一度無料でトライアルしてもらうことで、購買意欲を上げることにも繋がります。


会員向け同封同梱広告の種類と特徴


会員向け同封同梱広告を提供している媒体にはさまざまな種類があります。以下にその一例をご紹介します。

・食材宅配サービス

食材をインターネットから注文できるサービスの利用者は、年々増加しています。
購入された商品(食材)と一緒に同梱してもらえるサービスの商品同梱広告は、高い開封率が期待できます。
特に主婦層をターゲットとする商材には相性が良いと言えるでしょう。
食材宅配サービスということを活かし食品や飲料の試供品を同梱すると、好意的に受け止められ自然なPRになります。

・カタログ通販

ファッション、インテリア、雑貨などをカタログで吟味し注文できるカタログ通販。こちらも購入された商品に同梱が可能です。おしゃれや流行に敏感な30代以上の女性がメインターゲットとなります。

・会報誌

特定の団体や、ファンクラブに所属している会員へ定期的に郵送されるのが会報誌です。会報誌は書店に並ぶような大衆向けの雑誌とは違い、読者の属性や趣味嗜好に偏り・特性があります。その属性を媒体資料できちんと確認した上で、相性の良い商材の訴求に活用しましょう。

・職業別情報誌

ある特定の職業の人だけに送られる情報誌の同梱広告です。例えば医師や医療機関関係者、保育施設関係者、投資家や不動産オーナーなどが挙げられます。職業でセグメントが出来るという特性上、BtoBの商材にも向いているのがこの媒体です。

・宿泊予約サイト

宿泊予約サイトの会員に定期的に送られる情報誌に自社の広告を同封することができます。
媒体によっては商品購入・資料請求用のハガキを付けてもらえる場合も。単純な広告で終わらせず、購買アクションにつなげるための工夫がされています。


会員向け同封同梱広告のおすすめ媒体


まとめ


会員向け同封同梱広告とは何かということや、メリット、種類、効果などについてご紹介しました。
細かくセグメントができたり、興味を引きやすかったりと、会員向け同封同梱広告ならではの強みがあります。
是非本記事を参考にしながらプロモーションに活用してみてください。

関連記事