スポーツ専門メディアの動画広告4選



インターネットの普及以降、WEBを通してメディアに触れるユーザーは増加の一途を辿っています。
WEBメディアの急成長に加え5Gの普及により、動画広告の市場規模は急速に拡大すると言われています。
 
この動画広告の市場規模は、特定の業種やジャンルに限ったものではなく、多くの業種・業態、ジャンルで拡大が予想されています。
今回は、そんな動画広告の中でも、スポーツメディアに特化して詳しく解説していきます。
 
まずは動画広告について、市場の規模や成長率などを見ていきましょう。

 

動画広告とは


動画広告とは映像と音声からなる動画を利用した広告手法で、多くはインターネットを通して閲覧するオンライン広告として利用されています。
前述の通り、動画広告は市場規模の急成長が予想されている今注目されている広告手法の1つです。

動画広告はインプレッション数(広告の表示回数)に応じた価格設定になっているケースがほとんどです。
多くの場合、掲載されているコンテンツの1つとして動画広告が掲載されます。
閲覧しているユーザーが能動的に動画広告を閲覧する必要があり、興味・関心を惹く内容を掲載する必要があります。
 
少数ではありますが、中には動画の撮影・編集といったディレクション業務から任せられるWEBメディアも存在します。
このサービスは、動画市場の拡大に対して動画編集を専門としているクリエイターが不足しているという社会課題に取り組んだ興味深いサービスの1つです。
 
2021年、株式会社サイバーエージェントはインターネットを通して閲覧可能な動画広告についての調査結果を発表しました。
同社の発表によると、2020年に約2,954億円だった市場規模は、2021年には4,205億円へと拡大しています。
さらに、2022年には5,497億円、2025年には1兆465億円と、2020年から2025年の5年間でおよそ3倍以上の規模へと成長することが予想されています。
 
この予想の背景には、動画配信サービスへの動画広告出稿や、放送局系列が動画配信サイトのコンテンツ強化を図っていること、ソーシャルメディアでは動画広告から商品購入への導線の整備などが挙げられています。
(参照:サイバーエージェント、2021年国内動画広告の市場調査を発表)
 

スポーツ専門メディアとは


動画広告でも利用されているスポーツ専門メディアとは一体どういったものがあるのでしょうか。

WEBメディアはその権威性・専門性の高さから特定のジャンルに焦点を当ててコンテンツを掲載するものが多い傾向にあります。
 
スポーツと一口に言っても、競技者に向けたものか、競技を観戦するファンに向けたものか、そもそもどういった競技かによって、提供したい情報の内容は大きく異なります。
このように細かくターゲットを絞ってコンテンツを提供したいジャンルにとって、WEBメディアという広告媒体は非常に使いやすく、また、高い広告効果が期待できます。
 
スポーツメディアで発信されているコンテンツとしては、競技の試合を配信する動画配信サービス、競技者の情報やインタビューなど独占情報が掲載されている記事など、多種多様なコンテンツが提供されています。
中には動画広告自体をコンテンツの一部として掲載可能なスポーツメディアも存在します。
 
それでは、実際にどういった動画広告が出稿可能なのか、いくつか代表的な例を紹介していきます。
 

スポーツ専門メディアのターゲットと動画広告の効果


スポーツメディアを利用した動画広告は、閲覧するユーザーの興味・関心があるジャンルが絞りやすいという点が最大の特徴です。
競技、例えばサッカーに関する商品・サービスを提供している企業にとっては、サッカーに特化したWEBメディアは非常に高い広告効果が期待できる広告媒体となります。
 
中には、大学スポーツに特化したWEBメディアのように、1つの競技に特化したものではなく、スポーツ全般に興味・関心が高い大学生といった、かなり絞ったターゲティングが可能なWEBメディアも存在します。
インターネットを利用したオンライン広告は、細かいターゲティングが可能な点が特徴の広告手法です。
中でもWEBメディアはかなり尖った媒体もあるため、より細かいターゲティングが可能な広告媒体として注目されています。
 
動画広告は文字や静止画のみで宣伝を行う広告手法よりも、多くの情報を発信できる点もメリットの1つです。
動画広告には商品・サービスを使用(利用)した使用感やストーリーなどをわかりやすく消費者に伝えやすいという特徴もあります。
こういった特徴から、動画広告はスポーツというジャンルと親和性が高い広告手法と言えます。
 
スポーツメディアの中には、最新の試合内容を配信する動画配信サービスを提供しているものも多くあります。
メディア内で動画視聴が日常的なため、動画広告も違和感なくユーザーに発信できる点もメリットの1つです。
 

スポーツ専門メディアの動画広告のおすすめ媒体





まとめ


今回はスポーツメディアと動画広告について詳しく解説していきました。

古くは紙媒体で多く出版されていたスポーツメディアですが、今では媒体の1つとしてWEBメディアが台頭してきています。
紙媒体からWEBメディアへと移行したことによって、より専門性の高いメディアも増えてきています。

この専門性・権威性の高さは、閲覧するユーザーの属性が絞り込みやすくなることや、検索優位性から多くのユーザーの流入が期待できることなど、広告媒体として魅力的な特徴を多く抱える要因の1つとなっています。
 
市場規模の急拡大が予想されている動画広告。
スポーツに関する広告宣伝の手法として動画広告を検討している方は、ぜひ、この機会に一度動画広告が掲載できるスポーツメディアについて調査してみてはいかがでしょうか。

関連記事