士業にアプローチできるWEB広告について



近年、経済的な安定を求める志向により有資格者は年々増加しています。
中でも弁護士、公認会計士といったいわゆる「士業」は増加の一途をたどっており、最近注目を集める市場です。
この記事では、そんな士業に直接アプローチできる広告手法として効果的なWEB広告について解説します。


士業について


そもそも士業とはどういった職種なのでしょうか。
士業(しぎょう)とは一般的に「○○士」と呼ばれている職業のことを指します。
「サムライ業」と言われることもあります。

具体的な例では、弁護士、税理士、会計士、介護福祉士や不動産鑑定士などです。
医師、薬剤師など「○○師」と付く職業を含めて士業と分類されることもあります。

士業は高度専門職と言われるほど、知識や経験が必要になり、開業届けを出す際はいくつかの要件を満たす必要があります。

既に十分な知識を持っており信頼できる情報を独自で入手することが多いため、新たなアプローチをすることが難しいのが現状ですが、商材やサービスを気に入ってもらえれば、紹介などにより広まっていく可能性もあります。

士業をターゲットとして適切な広告を出したい企業も多いと思います。
そこで、次の見出しでは士業に効果的にアプローチ可能な広告としてWEB広告についてご説明します。


WEB広告とは


WEB広告とはインターネット上に掲載される広告のことで、検索エンジン、SNS、スマホアプリ、動画サイト、ブログ、メールなど、さまざまな媒体に掲載されています。

近年インターネットは気軽にアクセスできるようになり、人々にとって必要不可欠なインフラとなっています。
2020年度のインターネット広告市場規模は約2.1兆円、2024年度には約3.3兆円まで拡大すると予測されており、広告市場でも大きな注目を集めています。

そんなWEB広告の特徴はどんなものがあるのでしょうか。

①細かなターゲティング設定が可能

性別、年齢、趣味などターゲットの情報が多くセグメントされているため、自社のターゲットが利用しているWEB媒体に絞り、広告を配信することが可能です。

②効果測定しやすい

広告が見られた回数やクリック数、購入に至った回数などのデータを即時分析することが可能です。

③少ない費用で始められる

マス広告と比べて安価で出稿できることが強みです。

始めやすく、広告効果が分かりやすいため、導入する企業が増えています。


士業にアプローチできるWEB広告とは


・メール広告

メールマガジンにて、自社商品やサービスの情報提供が可能です。
ダイレクトに訴求可能で、配信数を変更することもできます。
配信までの期間が短いのも特徴です。

・バナー広告

士業専門のWEBサイト上にバナー広告を出稿します。
バナー広告は、オンライン広告の中でもインプレッション数/ターゲッティング/訴求力に優れた広告手法と言えます。
元々そのWEBサイトに関心のあるユーザーが閲覧するので、視認度が高くなります。

・記事広告

読み物としてアピールすることで、商品やサービスの魅力を存分に伝えることができます。


多忙な士業の方にリーチするためには、日々繰り返しのアプローチをすることも手法のひとつです。
士業向けの雑誌広告についてはこちらの記事でご紹介していますのでぜひご覧ください。


士業にアプローチできるWEB広告のおすすめ媒体


まとめ


この記事では士業とWEB広告について解説しました。
WEB広告は導入しやすく、短期間で効果がでることが特徴です。
士業向けの商品・サービスのプロモーションで悩みを抱えている人は、ぜひ一度WEB広告について検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事