タウン誌の広告タイプについて


純広告

自社もしくはタウン誌の編集部が任意のデザインを製作、自由にデザインしたクリエイティブを掲載できる広告。ディスプレイ広告と呼ぶ場合もあります。

記事広告

編集部が本誌の記事体裁でライティングした記事型の広告。紙面記事と同じような体裁で掲載されるため、読み飛ばされることが少なく、商品サービスの詳細な情報を読者に伝えたい際に効果的です。記事体広告やペイドパブリシティ、タイアップ広告といった言い方をする場合もあります。

フォーマット広告

タウン誌ごとにある、規定フォーマットに情報を当てはめて作成した広告。デザインの自由度はありませんが、純広告に比べ安くスピーディーに掲載が可能です。

求人広告

企業が人材を募集する際に出す広告。タウン誌によっては専用の求人コーナーを設けており、そこにまとめて掲載されます。

その他、各タウン誌によっては飲食店限定のグルメ枠などのオリジナル枠や、号によって「地元のクリニック特集」など業種に特化した企画枠などがあります。