観光に関する広告・媒体の比較、まとめ

観光とは自分の住んでいる地域の外の景色やイベントを見たり、風光を見物したりするために旅行をすることをいいます。日本では江戸時代の中期以降から、例えば伊勢神宮などの参拝のついでに、名所を巡りや地域の飲食を楽しむ旅が一般の庶民にも広まっていきました。現代では交通機関も整備され、日本国内だけでなく飛行機や船で世界各国どこへでも観光に行くことができるようになっていますね。また、近郊の都市や地域へ行って楽しむ日帰りの小旅行も注目を集めています。今回は、そんな観光に関することへ出稿できる広告やメディアについてまとめました。

旅行・観光の総合観光メディア『TABI CHANNEL』 記事広告



『TABI CHANNEL』は、国内外の旅行・観光に関する様々な情報を発信している総合観光メディアです。各観光地の在住者や旅行会社の従業員、ツアーコンダクターなど、旅行・観光に詳しいライター約60名が記事を制作し、TABI CHANNEL編集部が編集・校正を行っています。この『TABI CHANNEL』に編集部制作のオリジナルの記事広告が掲出できます。

広告料金を見る

訪日旅行者へ日本の魅力を伝えるWEBマガジン『MATCHA』 ディスプレイ広告

『MATCHA』は、訪日旅行者へ向けて日本の様々な情報を発信している訪日観光メディアです。取材から記事執筆、編集まですべて外国籍の編集チームが行っており、外国人観光客目線で日本の魅力を伝えています。
この記事のページ中にバナー広告が掲出できる広告プランです。

広告料金を見る

観光ビジネス専門誌『週刊 トラベルジャーナル』



『週刊 トラベルジャーナル』はさまざまな観光に関するビジネス情報を発信している観光ビジネス専門誌です。海外旅行や訪日旅行、国内旅行など、幅広い情報を掲載。読者の多くは役職クラスの人ですが、これから観光業に携わる学生にも読まれています。

広告料金を見る

観光業界専門メディア『観光経済新聞』


週刊『観光経済新聞』は、観光業に携わる人に役立つ情報を掲載している専門紙です。購読者の6割が旅館・ホテル関係者です。セミナーやイベントなどの情報も発信されています。

広告料金を見る

旅行業界の総合専門紙『旬刊旅行新聞』


『旬刊旅行新聞』は、旅行会社やホテル・旅館はもちろん、官公庁や交通機関、ドライブイン、観光施設など、幅広い観光業関係者に読まれている新聞です。国や地方自治体、旅行業界の動向やデータなども掲載されています。

広告料金を見る

NEXCO東日本 サービスエリア デジタルサイネージ

関越・東北・常磐自動車道の中でも来場者の多いサービルエリア・パーキングエリアでサイネージ広告が配信できます。購買や食事、休憩などで訪れる利用客の目に入りやすい媒体です。

広告料金を見る

都営地下鉄 浅草線 連結部ポスター広告

都営浅草線の車内連結部にポスター広告が掲出できます。通勤・通学客だけでなく、観光客の利用も多い路線で幅広いユーザーへアプローチできます。目線の位置にあるので、視認効果も高い媒体です。

広告料金を見る

信州エリア来訪客のためのフリーペーパー『楽天トラベルナビ』


『楽天トラベルナビ』は、信州エリアへの観光客・出張客向けのフリーペーパーです。ホテルに設置されているので、宿泊客へダイレクトにアプローチできます。その他、地元企業・官公庁・読者会員への宅配も行われています。

広告料金を見る

福岡空港前の屋外ビジョン『NSS VISION 福岡空港前 空港通り』


福岡空港国内線の目の前に設置されている大型LEDビジョンで広告が配信できます。空港の利用客だけでなく、空港通りを通る車のドライバーへの訴求も可能です。

広告料金を見る

那覇市国際通り沿いの屋外ビジョン『ドンキビジョンLED』

国際通りのドンキホーテ入り口に設置されている大型LEDビジョンで広告が配信できます。地元の人だけでなく国内外からの観光客やビジネスマンなどへのアプローチも可能です。

広告料金を見る

まとめ

観光に関する広告やメディアについてご紹介しました。
観光客をターゲットとした広告媒体の他にも、観光業に携わっている人をターゲットとした媒体もあり、観光に関する広告と一言に言っても様々な特徴を持つものがあることがわかりました。

自社の商品・サービスのターゲットを明確にし、しっかりアプローチできる媒体を選んでより効果的な広告展開を行っていきましょう。

関連記事