テイクアウトの集客方法について|宣伝方法や広告アイデアなど

飲食店の販売形態は、店内での飲食以外にテイクアウトがあります。テイクアウトは店内で飲食するよりも気軽に利用できるので、需要が伸びている販売形態です。ただテイクアウトを提供する飲食店は少なくないため、集客にしっかりと力を入れる必要があります。

そこで飲食店のテイクアウト利用客を増やす集客手段についてそれぞれまとめました。

テイクアウトの集客手段とは?

SNS(InstagramやTwitterなど)を活用する

飲食店でテイクアウトができることを多くの人に知らせるのに、SNSは有効的なツールです。InstagramやTwitterといった人気のSNSに飲食店のアカウントを開設、テイクアウトが出来る旨を投稿することで多くの人に告知できます。

今は「この飲食店はテイクアウトできるのか」と疑問に思った人が、SNSから情報収集するケースが多いです。ですので疑問に思ってSNSを調べた人にテイクアウトができると知らせることで、集客につながる可能性は高いです。またテイクアウトできるメニューの画像も一緒に投稿すれば、興味関心を持つユーザーが増え、さらなる集客に期待できます。

アカウントの開設や運用はとても簡単なので、テイクアウトを始める際はSNSを有効活用して集客を試みると良いです。

のぼりを立ててアピールする

飲食店がテイクアウトできるかどうかを通行人に一目で理解してもらうのに、のぼりを立ててアピールするのは有効的です。昔からある飲食店の集客手段ですが、のぼりを立てることによる集客効果は侮れません。テイクアウトができることをアピールするのぼりを立てれば、お店周辺の住民やお店の周辺で働く人などの目に入り、テイクアウトを利用したい時に来店してもらいやすくなります。

シンプルに「テイクアウトできます」や「テイクアウトOK」の文字だけののぼりでももちろん集客効果は期待できますが、食器や提供メニューなどの親しみやすいイラストを加えると、集客により効果的です。

もしもテイクアウトを始めたら、のぼりを立てて集客することを検討しましょう。

MEO対策

MEO対策とは、Googleの地図で検索する人を狙った集客手段の1つです。飲食店の情報がGoogleMAP検索結果の上位に表示されれば、十分な集客を見込めます。今は多くの人がGoogleで飲食店を検索するだけに、MEO対策は集客においてかなり重要です。

Googleマイビジネス情報を充実させてMEO対策をしっかりと行えば、テイクアウトの利用客を増やせます。Googleマイビジネス情報には、サービスオプションとしてテイクアウトができる旨を掲載できるので、Google検索でテイクアウトできるお店を検索した人にしっかりアピールできます。

ネット集客に力を入れるなら、MEO対策は必須の集客手段です。

広告で集客

「テイクアウトできます」とさまざまな媒体で大々的に広告を出すのも、飲食店の立派な集客手段です。広告掲出は飲食店の見込み顧客にアピールできるのが魅力です。見込み顧客はきっかけさえあれば利用につながりますが、広告はそのきっかけとなることができます。

たとえば駅広告やポスティング、フリーペーパーなどは、飲食店がテイクアウトの利用客を増やすために効果的な広告手段です。これらの広告をチェックした見込み客が、飲食店の利用に対して意欲的になるのを期待できます。

他の集客手段でなかなか効果が出ない場合は、テイクアウトをアピールする広告を出すのがおすすめです。

テイクアウトの集客にお勧めの広告

屋外看板

「お持ち帰りできます」や「テイクアウトはじめました」などテイクアウトを知らせる屋外看板は、集客に効果的な広告として定着しています。のぼりと似た集客方法ですが、のぼりよりもさらに凝ったデザインにできるのが屋外看板の特徴です。

たとえば黒板にチョークで手書きした屋外看板や、写真付きのメニューをズラリと並べた屋外看板などが典型的な例です。通行人が思わず足を止めてしまうようなインパクトの強い屋外看板なら飲食店への興味が強まり、利用してもらえる可能性があります。

屋外看板を設置した場合の集客効果には十分期待できます。

駅広告

多くの乗降客が利用する駅に飲食店のテイクアウト広告を出すのも、おすすめの集客手段です。駅は通勤や通学などさまざまな目的で多くの人が利用するので、たくさんの人の目に留まりやすいです。特にメニューの写真付きで全体的に華やかな駅広告は、想像以上の集客につながる可能性があります。

特に夕方から夜にかけて駅を利用する人は、帰宅の際に食事を買って帰ろうする場合があります。そのタイミングで飲食店のテイクアウトの広告を駅で見かけたら、利用してもらえる可能性は非常に高いです。

とても多くの人に幅広くアピールできるのが、駅広告を出すメリットです。

店舗の近くで駅広告を探すならBIZPA(ビズパ)がおすすめです。

店舗の住所や最寄り駅を入力して検索するだけで、近隣で実施できる駅広告を検索することができます。駅広告といっても、駅貼りポスターなどであれば、1週間数万円程度で実施できるケースも多く、低単価で地元住民へのアプローチが可能です。

無料会員登録後には、価格の確認や出稿までの詳細情報の確認ができるようになります。「広告をすぐに出したい」「見積が欲しい」といった問い合わせもスムーズにできるので、駅広告を検討したいと思っている方は、会員登録をおすすめします。

BIZPAで駅広告を探して見る

ポスティング

飲食店のテイクアウト情報を周辺住民に届けるのに、ポスティングは適した手段です。周辺住民の集客は、飲食店を継続させるために欠かせません。そこでポスティング広告でテイクアウト情報を届け、飲食店の利用を促します。

単に「テイクアウトできます」とわかりやすい内容のポスティング広告でも構いませんが、やはり主力メニューを写真付きで紹介する内容がおすすめです。写真付きで紹介すればメニューの魅力がユーザーに伝わりやすいため、狙い通りの集客を見込めます。

魅力的な内容のポスティング広告で周辺住民にアピールし、しっかりと集客につなげていきましょう。

DM

ポスティングと同様の集客効果を望めるのが、各家庭へテイクアウトの利用を促すDMを送付することです。DMは思いのほか目を通されることが多いので、集客において実は軽視できません。送付したDMがきっかけとなり、飲食店のテイクアウトを利用するケースがあります。

DMを送付する際は、サービスチケットや割引クーポンなども付けると集客効果が高まります。最初はチケットやクーポンの使用が目的かもしれませんが、それでメニューを気に入ってくれればリピートにつながる可能性があります。

固定客を増やしたい場合は、DMを送付して集客するのがおすすめです。

フリーペーパー

地域にもよりますが、フリーペーパーが盛んな地域はフリーペーパーに飲食店のテイクアウトの広告を出すのが効果的です。特定の地域に限定した情報を届けるのが役割のフリーペーパーは、飲食店のテイクアウト利用客を増やすのに無視できません。

たとえばフリーペーパーによっては、飲食店のテイクアウトにフォーカスして特集記事を組んでもらえるケースがあります。その特集記事に参加して広告を出せば、フリーペーパーを読んだ読者が利用を前向きに考えてくれやすくなります。主力メニューの写真・料金・アクセス方法・電話番号・営業日・簡単な紹介文など、フリーペーパーに掲載される飲食店の情報は盛りだくさんです。大々的に宣伝してくれるので、その集客効果は決して小さくありません。

もしお店の地域にフリーペーパーがある場合は、テイクアウトのフリーペーパー広告を出して地域住民の利用促進を図ると良いです。

自分の地域で発行しているフリーペーパーを探すなら、BIZPA(ビズパ)がおすすめです。

BIZPAでは、全国各地にある数多くのフリーペーパーを取り扱っているので、自分の店舗近くで出せるフリーペーパーをスピーディーに探すことができます。無料の会員登録後、価格をすぐに確認することができるので、集客において重要な判断スピードを上げる事もできます。

BIZPAでは、フリーペーパー以外にも、雑誌や看板、デジタルサイネージなど集客手段として使える様々な広告媒体を掲載しています。集客手段を総合的に検討するには最適なサービスなので、ぜひ活用してみてください。

BIZPAでフリーペーパーを探してみる

まとめ

飲食店のテイクアウト利用客を増やす集客手段を、いくつかの項目ごとに紹介しました。

SNSやMEO対策をはじめとしたネット系の集客手段はもちろん、屋外看板や駅広告なども十分な集客効果を見込めます。
またポスティングやDM、フリーペーパーなど、従来型の紙媒体を有効活用した集客手段もあります。

社会情勢などから飲食店のテイクアウト需要が高まっていますので、しっかりと対策して集客につなげましょう。

関連記事