ビジネスパーソン向けに配信できるサイネージ広告5選! | 広告の種類や特徴など

オフィスビルや書店、タクシーなどビジネスパーソンに向けて発信できるサイネージ広告は多種多様にあります。消費の中心であるビジネスパーソンへ広告を訴求して興味を持ってもらう事で、将来的な購買や反響を期待することができます。今回は、ビジネスパーソン向けに配信できるサイネージ広告について紹介します。

ビジネスパーソン向けに配信できるサイネージ広告ついて

ビジネスパーソン向けに配信できるサイネージ広告は、冒頭で述べた通り、オフィスビルや書店、タクシーなどがあります。最近は、ビジネスパーソンや会社役員・経営者向けのサイネージ広告というとタクシー広告を想像する方も多いかもしれませんが、似たような属性を持つ広告媒体として、エレベーター内サイネージ広告や、オフィスシュレッダー上部のサイネージ広告、ビジネス書を展開する位置でのサイネージ広告などもあります。

これらのサイネージ広告、その多くがクローズドな空間で展開されるため、他の広告(看板や雑誌など)のノイズが無い状態でアプローチすることが可能です。

タクシー広告のイメージが先行していることもあり、ビジネスパーソン向けのサイネージ広告は値段が高い印象を持っている方も多いかもしれませんが、数十万円~から実施できるプランも多く、ミニマムに取り組みやすい一面もあります。

ビジネスパーソン向けに配信できるサイネージ広告を含め、広告が出稿できるデジタルサイネージは下記で一覧で見ることができます。是非チェックしてみてください。

店舗・施設内(デジタルサイネージ)の広告一覧

ビジネスパーソン向けに配信できるサイネージ広告の例

まとめ

ビジネスパーソン向けに配信できるサイネージ広告についてご紹介しました。
オフィスのレストルームやエレベーター内に設置されているデジタルサイネージや、シュレッダーのサイネージなど、様々な媒体からビジネスパーソンへPRできることがわかりました。
ビジネスパーソン向けのサイネージ広告の掲出を検討される際はぜひこの記事を参考にしてくださいね。

関連記事