建設現場で働く人に配信できるサイネージ広告について解説 | 広告事例や特徴など

建設現場で働く人向けに配信できるサイネージ広告をご存じでしょうか?詰所と呼ばれる休憩スペースを利用したサイネージ広告で、多くの現場監督や職人に対して広告をアプローチすることができます。今回は、建設現場で働く人に対して配信できるサイネージ広告について紹介します。

建設現場で働く人向けに配信できるサイネージ広告について

建設現場の休憩所である詰所に設置されたサイネージでは、安全注意事項、連絡事項、搬入ルートなど実務に関わる情報から、スポーツ情報、ニュース、天気予報、熱中症指数など、現場の人にとって有益な情報を中心に放映されています。こちらの放映ロール内に広告を差し込むことで高い視認率が期待できます。

配信ターゲットは建設現場で働く、30~50代男性となります。

広告の出稿事例としては、各種工具、機材機器など実務に関わるモノから、エナジードリング、缶コーヒー、お酒、タバコなど現場で働く方が常用するものまで様々な広告の事例があります。タバコなどは他のサイネージ広告ではNGの場合が多く、タバコ関連の広告が配信できる点は1つの大きな特徴です。

建設現場で働く人に配信できるサイネージ広告を含め、広告が出稿できるデジタルサイネージは下記で一覧で見ることができます。是非チェックしてみてください。

店舗・施設内(デジタルサイネージ)の広告一覧

建設現場で働く人に配信できるサイネージ広告の例

建設・工事現場内の休憩所(詰所)でのデジタルサイネージ『Worker’s TV』

建設現場の休憩所である詰所に設置されたサイネージで広告を配信します。主にガテン系の層を狙えるサイネージ広告で、エナジードリンクやコーヒー、タバコなど現場で働く方が常用するモノ等の広告事例があります。

Worker’s TVの詳細はこちら

関連記事