子育てママにアプローチできるサイネージ広告について解説! | 広告の種類や事例など

子育て中のママにアプローチできるサイネージ広告は、主に子供が遊べる施設や多くのママが立ち寄る商業施設などで出稿できるサイネージ広告を指します。大型室内公園の受付にあるデジタルサイネージや授乳室のデジタルサイネージなど、その種類は多岐にわたります。

子育てママにアプローチできるサイネージ広告への出稿について

家事や育児、仕事などを頑張っているママを主なターゲットとしているサイネージ広告は例として、子供向け大型室内公園の受付に設置されているデジタルサイネージや、ショッピングセンターなどの授乳室にあるデジタルサイネージが挙げられます。広告の出稿事例については、玩具や知育、教育などの子育て関連のものや、美容やファッションなどの女性向けのものなどが多くなっています。


子育てママがよく行く場所にサイネージ広告を掲出することが重要になりますが、さらにママたちがある程度、その場に留まっている場所で広告展開を行うとより効果的になります。

例えば、授乳室は子育て中のママと赤ちゃんの利用に制限されているため、ターゲットをママに絞った広告展開には絶好の場所となります。さらに授乳中はしばらくの間、その場から移動できないため、サイネージ広告へ目を向けるママも多くなります。

その他にも、食料品などの買い物に立ち寄った際に目に入りやすいスーパー入口のサイネージ広告や、フードコート内に設置されているデジタルサイネージなど、ママたちの日々の生活の中で欠かせない場所にサイネージ広告を掲出することができます。


子育てママの興味関心を引きやすいサイネージ広告の出稿事例については、先ほどもご紹介した通り、玩具や教材などの子育て関連のものから、コスメや美容などの女性向けのものまでさまざまです。子育てママは家計を管理する立場になっていることも多い為、インテリアや不動産、保険の出稿事例も多く、幅広いジャンルのPRが可能です。

子育てママにアプローチできるサイネージ広告を含め、広告が出稿できるデジタルサイネージは下記で一覧で見ることができます。是非チェックしてみてください。

店舗・施設内(デジタルサイネージ)の広告一覧

子育てママにアプローチできるサイネージ広告の例

関連記事