ドライバーにアプローチできるサイネージ広告について解説! | ドライバー向けサイネージ厳選6選

ドライバーにアプローチできるサイネージ広告は、主にガソリンスタンドや高速道路のサービスエリアなどで出稿できるサイネージ広告を指します。セルフガソリンスタンドの給油機に設置された液晶画面のサイネージ広告やサービスエリアの入口で流すサイネージ広告など、その種類は多岐にわたります。

ドライバーにアプローチできるサイネージ広告への出稿について

ドライバー向けのサイネージ広告の主なターゲットは、公私問わず車を運転している人がメインで、例としてセルフガソリンスタンドの液晶画面のサイネージ広告や、サービスエリア入口のデジタルサイネージで流すサイネージ広告などが挙げられます。広告の出稿事例については飲料メーカーや自動車メーカー、製薬会社などさまざまです。

ドライバー向けの広告を出す場合、運転をする人がどこへ行くのか、どの施設を利用するのかを分析することが重要です。

例えば、先ほどご紹介したセルフガソリンスタンドの給油機の液晶画面を利用したサイネージ広告は、ドライバーにターゲットを絞った広告です。一般的に給油はドライバーが行うため、そのドライバーの目に留まりやすい給油機の液晶画面を上手に利用しています。さらに給油中はしばらくその場で待たなくてはならない為、CMなどの動画に目を向けやすくなります。動画でPRすることで商品・サービスの特徴がドライバーにしっかり伝わり、記憶に残りやすくなります。

その他にも、高速道路のサービスエリアのデジタルサイネージや、交通量の多い場所にある建物の大型ビジョンなど、ドライバーの目に留まりやすいさまざまなサイネージ広告があります。


ドライバー向けサイネージ広告の出稿事例については、栄養ドリンクやコーヒー、ガムなど運転中の眠気覚ましにドライバーが口にしたい飲料や食品や、自動車やカー用品などの自動車関連商品の出稿が多くなっています。アルコール飲料についてはドライバー向けのサイネージ広告では掲出できない場合もあるため、注意が必要です。

ドライバーにアプローチできるサイネージ広告を含め、広告が出稿できるデジタルサイネージは下記で一覧で見ることができます。是非チェックしてみてください。

店舗・施設内(デジタルサイネージ)の広告一覧

ドライバーにアプローチできるサイネージ広告の例

関連記事