医者・医師向け雑誌広告媒体9選|広告出稿の傾向など

医者をターゲットとした雑誌で広告枠を募集中の媒体の中から、おすすめの雑誌をピックアップしました。
医者や医療機関関係者に向けた総合誌の他にも、内科や外科など専門雑誌など多岐にわたります。

医者・医師向け雑誌の読者層や、広告出稿の傾向について

医者向け雑誌は、勤務医が中心か開業医が中心か、雑誌により大きく異なります。例えば、媒体資料によると臨床医のための外科総合誌『臨床雑誌外科』は、84%の読者が勤務医になりますが、総合医学週刊誌『日本医事新報』は開業医が71%となっています。また、読者の中心が一般の医師なのか、病院長・理事長なのかも媒体により異なるので、媒体の読者特性を把握することが重要です。

出稿事例は、当然、医療にかかわる医薬品、医薬機器など医療に関連する商材・サービスが広告の中心になりますが、医者・医師は、年収が高い富裕層にあたるため、高級車、高級時計、高級不動産、投資関連等の金融アイテムなど富裕層向けの商材掲載も多い傾向にあります。

雑誌広告の概要や種類に関する説明は以下をご覧ください。

雑誌広告とは?純広告や記事広告などの種類やメリットついて徹底解説!

雑誌広告の掲載面やサイズについての解説はこちらを御覧ください。

雑誌広告の掲載面、サイズ、カラーについて|表2、表3、◯◯対向とは?

医者・医師向け雑誌のおすすめ

まとめ

医者をターゲットとした雑誌広告媒体9選をご紹介しました。
医者と一言に言っても、内科や外科、整形外科など、科によって内容も大きく異なります。どの分野の医者をターゲットとしてPRを行うか明確にすることで、より効果的な広告展開が実現できます。
医者向けの雑誌広告の掲出を検討される際はぜひこの記事を参考にしてくださいね。

関連記事