ファッション雑誌の広告枠について解説! | 過去の広告事例など

ファッション雑誌は、主に若年層を中心に購入されている雑誌を指します。例えば、メンズ・レディースファッションに特化した雑誌やヘアスタイルにフォーカスした雑誌、時計に関する雑誌などその種類は多数。

メイン読者である若年層は、最先端や流行に敏感なため、情報感度が高い傾向があります。また、インターネットが普及した現在でも、雑誌の情報に絶対的な信頼を置く方は多いです。雑誌読者の中には、ファッション雑誌内に登場する“読モ”と呼ばれる“読者モデル”の熱狂的なファンも多く、そういった読モとのタイアップ広告は非常に人気があります。

今回は、そんなファッション雑誌の広告について、種類や過去の出稿事例などをご紹介します。

ファッション雑誌への広告出稿について

ファッション雑誌の読者は、その雑誌で取り扱うカテゴリーや種類によって多少の違いはあるものの、冒頭でも述べた通り「若年層」が中心です。広告の出稿事例としては、装飾品、ブランド品などファッションに関わるモノから、スマホアプリ、スマホゲーム、マッチングアプリなど若年層が私生活で利用することの多いサービスなどがあります。

ファッション雑誌に広告を掲載する目的は、もちろん、広告出稿による読者からの反響を狙う意味合いもありますが、既にブランド力・知名度のある雑誌に掲載することで信頼度獲得に繋げる目的もあります。例えば新商品の化粧品であれば、いきなりECや店舗販売するよりも、「有名雑誌○○に掲載された」ことをアピールして販売した方が、一般に消費者の印象が良くなる傾向にあります。

ファッション雑誌には、各企業が自由に広告をデザインできる「純広告」はもちろん、雑誌編集部が第3者目線で記事のような広告を制作する「記事広告」など様々なプランがあります。雑誌広告については下記記事で詳しく紹介しているので、是非ご覧ください。

雑誌広告とは?純広告や記事広告などの種類やメリットついて徹底解説!

また、雑誌広告は掲載面によってもその効果が異なってきます。例えば、雑誌表周りの「表4」「表3」「表2」枠や「中面」「記事下」枠、目次ページに対の形で掲載される「目次対向」枠などその種類は様々です。雑誌広告の掲載位置やサイズについては下記記事で詳しく説明しているので、ぜひをご覧ください。

雑誌広告の掲載面、サイズ、カラーについて|表2、表3、◯◯対向とは?

広告が出せるファッション雑誌の例

まとめ

ファッション雑誌の広告について、種類や過去の出稿事例などをご紹介しました。
ファッション雑誌と一言に言っても、男性向けや女性向け、ヘアスタイルに特化したものやスーツ専門のものなど、種類豊富で様々なものがありました。

ぜひファッション雑誌への広告掲出を検討される際はこの記事を参考にしてみてくださいね。

関連記事