最大発行部数を誇る酪農専門誌『DAIRYMAN』
詳細をチェック(無料)
ChatGPTに質問する(α版)
この媒体について質問をするとChatGPTが回答してくれます。
※ChatGPTの回答は正確でない可能性があります。

TOP 商品一覧 専門誌 DAIRYMAN

最終更新日:2023/10/30

最大発行部数を誇る酪農専門誌『DAIRYMAN』

  • 最大発行部数を誇る酪農専門誌
  • 酪農家が85%
  • その他:農協・獣医師・関連団体・行政等が15%
『DAIRYMAN』には酪農家の知っておかなければならない最新の飼育管理技術が満載です。
また、全国各地の優良事例、海外の最新酪農技術、酪農時事問題なども豊富に掲載され、読んですぐ役立つよう編集されています。
酪農経営者が多く購読し、商品の購入決定権を持っている方々に購読されている専門誌です。月刊/毎月25日、10,900部発行。年間36,683円(税別・送料込)

基本情報
参考数値 発行部数:10,900部
サイズ A4版
主な流通方法 定期購読者へ送付
参考価格
掲載場所
サイズ
カラー
単価
金額(税抜)
もっと見る

紙媒体の人気ランキング

『DAIRYMAN』の強み

1.飼育管理技術と経営の専門誌
2.全国の酪農家を取材 地域読者に密接した記事を掲載
3.酪農専門雑誌 国内最大級の発行部数
4.デーリィマン誌/ホームページから 酪農用品(物品)購入が可能
5.全国の共進会にて乳牛個体を撮影 誌面に反映
6 .「オールニッポン・ホルスタインコンテスト」開催(夏季臨時増刊号:5月号同送にて発表)
※全国の共進会で活躍した乳牛の中から66頭を選出。農林水産大臣賞(名誉賞)を決定。
※全国酪農協会と共催し、農林水産省・日本ホルスタイン登録協会などの後援を得て開催しています。
7.姉妹紙「日刊 酪農経済通信」「日刊 北海協同組合通信」発行
※酪農行政・乳牛業界の動向や、生産・消費 等 指導層に向けての専門誌としても高い評価を頂いてます。
※北海道農業専門誌「月刊 ニューカントリー」発行。

媒体紹介資料をパワーポイントでダウンロードする

媒体紹介資料.pptx

広告主業種
カテゴリー
掲載メディア
掲載メニュー
反響事例
商品画像
  • 掲載料金や資料DLなどWebで完結
  • 担当者との商談も即日アポ可能
  • いつでも最新情報を確認できる

詳細データ

媒体の詳細データがご覧いただけます。

この商品はビズパが独自に情報収集の上掲載しております。
商品情報の修正・管理をご希望の方はお問い合わせください。

類似商品と比較する

参考数値
商品画像
最大発行部数を誇る酪農専門誌『DAIRYMAN』
発行部数:10,900部
関連ワード : 商品  専門誌  海外  医師  農業