経営者に届くフリーペーパー広告とは



会社の「最高責任者」である経営者。

経営者は常に会社や事業のために情報収集をし、より良い経営のために尽力しています。

情報収集の手段はいくつかありますが、その中に経営者に直接アプローチできる、フリーペーパーという広告手段があります。
フリーペーパーには種類や配布方法などさまざまです。

今回は経営者にアプローチできるフリーペーパー広告について詳しくご紹介します。


フリーペーパーについて


フリーペーパーとは、地域に密着した情報や生活に絡んだ情報が掲載されている紙媒体の広告物を指します。
掲載企業からの掲載料で運用され、無料で特定の読者層に配布される印刷メディアであるため、多くの人が目にしやすいことがメリットです。
また、冊子で雑誌のようになっているものは「フリーマガジン」とも呼ばれます。

フリーペーパーの種類

フリーペーパーは掲載する企業からの広告収入を元に製作され、様々な種類が存在します。
主に種類としては3つありますので、詳しく見ていきましょう。

・タブロイド誌
新聞紙の半分のサイズを「タブロイド判」といい、このサイズの情報誌を「タブロイド誌」といいます。新聞折込やポスティングで配布されています。

・新聞拡販誌
新聞社編集局がPRのために発行し、集金や契約の際などに新聞購読者に配布しているものを指します。新聞購読者の訴求に効果的です。

・フリーマガジン
フリーペーパーは多様であり、タブロイド誌や新聞拡販誌以外のものをフリーマガジンと総称します。複数のフリーペーパーをまとめた雑誌形態のものです。

フリーペーパー配布方法

配布場所や方法もいろいろありますのでターゲットに合わせた方法を選ぶことが重要になってきます。

・有料設置場所
月額を支払い、ラックなどのスポット配置が可能です。多くの人の目に触れるため新規顧客の獲得に役立ちます。

・無料設置場所
設置場所のオーナーや責任者と直接交渉するのが基本です。地域密着型の店舗や個人経営の店舗であれば比較的交渉しやすくなっています。

・ポスティング
直接ポストに投函するため、アプローチしたいターゲットが明確であればあるほど効果的です。特に富裕層に訴求したい場合は高級マンションなどに絞ってポスティングすることができます。

自社のサービスや製品に合わせて、種類や配布方法を選ぶことが重要です。

では、経営者とはどういったものか、経営者へのアプローチ方法についても詳しく見ていきましょう。


経営者とは


経営者とは、会社の経営について責任を持つ人のことを指します。
会社の「最高責任者」であり、会社だけでなく雇用している場合は従業員のことも守らなければいけません。
経営者は会社の進むべき道を決める役割を担っており、とてもやりがいのある役職となっています。

経営者を示す立場には社長や代表取締役、個人事業主などさまざまなものがあります。
事業計画や戦略をもとに、収益を上げていく組織のリーダーと言えるポジションであるため、経営者は常に情報収集しています。
ビジネスの場だけでなく世界の日々変化していく情勢にも、迅速に対応し適応する能力も経営者には大切です。

そういった情報に敏感な経営者に、適切な情報を届けることで自社の製品やサービスのアプローチにつながります。


経営者にアプローチできるフリーペーパー広告とは


最後に、経営者にアプローチできるフリーペーパー広告の例についてご紹介します。

・ポスティング

読者の自宅へ直接郵送できるため、確実に届けたいターゲットに訴求することができます。審査を通過した会員だけに届けている富裕層向けの情報誌などもありますので、企業に合わせて選ぶことが大切になってきます。

・新聞折り込み

ビジネスパーソンへリーチする、経済紙への折り込みが可能です。エリアなどを絞ってアプローチすることもできます。新聞の情報を絶対的に信頼している定期購読者に届けるため、しっかり情報が目に入る可能性が高くなってきます。

・パブリックスペースへの配置

高級ホテルや空港ラウンジなど公共の場でも、経営者が手に取りやすい場所に配置することで、届けたいターゲットに訴求できます。

・大手・上場企業へ定期送付

企業人事向けサービスの動向や活用法を紹介する人事部長向けの専門誌です。
意思決定者である人事部長へ直接届きます。
営業では接触が難しい大手・上場企業をターゲットに送付することができます。過去実績で開封率95%以上で、BtoB向け商材におすすめです。


経営者にアプローチできるフリーペーパーのおすすめ媒体





まとめ


本記事では、経営者にアプローチできるフリーペーパー広告についてご紹介しました。

経営者は会社がより良くなるよう、常に新しい情報やサービスを求めています。
そういったことから、日々変化していく世界や情報に敏感な経営者に、直接アプローチできるフリーペーパーは効果的な広告手段であると言えます。

フリーペーパーにも種類や配布方法がいろいろありますので、ターゲットを絞り自社の製品やサービスをアピールしてみてはいかがでしょうか?

経営者に向けてフリーペーパー広告を考える際に、この記事を参考にしていただけたら幸いです。

関連記事