ペットオーナー向け動画広告の訴求効果



ペットは人々の生活に癒しを与えてくれます。
近年ペットオーナーは増加傾向にあり、ペットは「家族」のようなかけがえのない存在となっている場合も多いでしょう。
大切なペットのためにペットフードや玩具、首輪や服などにこだわりを持つオーナ―も増えました。
ペットの食事や関連グッズの多様化でペット関連産業は好調、家計でペットの支出に占める割合も上昇傾向です。そんな中、ペットオーナー向けに広告の出稿をご検討されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は広告の中でも音や動きを使用してユーザーに訴求するペットオーナー向け動画広告の効果をご紹介します。


動画広告とは


動画広告とはインターネット上で、静止画ではなく動画を使用する広告のことです。

主にYoutubeなどの動画の間に流れたり検索サイトに表示されたりします。
大きく「インストリーム広告」と「アウトストリーム広告」の2つに分けられます。

「インストリーム広告」とは、動画コンテンツの合間に放送される広告です。
コンテンツと同じ画面で商品やサービスの魅力が伝えられます。
途中でスキップできるスキップバル型と最後まで視聴してから本編へ移行するノンスキップバル型があります。
広告のスキップを防ぐために序盤に意図を伝えたり、ユーザーに嫌悪感を与えないよう適度な長さに調整する必要があります。

「アウトストリーム広告」とは、WebサイトやSNSのフィード、アプリの広告枠で表示されます。
本編とは別で広告枠さえあれば配信ができるため、多くのユーザーにアプローチすることができます。

検索サイトの広告枠に表示されるインバナー広告、ウェブサイトの途中や最後など表示場所や画像の大きさを選択できるインリード広告、ユーザーがページを切り替える瞬間に表示されるインタースティシャル広告などがあります。

インターネット接続状況が改善され、スマートフォンやタブレット、パソコンなどデバイスの個人所有率が高くなった現代では、場所を問わずに楽しめる動画の視聴時間が年々伸びています。

それに伴い動画広告の需要も高まっています。
SNSをはじめとしたWebメディアでは動画広告に対応した機能やメニューが充実しています。
動画広告の表示頻度や再生回数、クリック数によって効果も測定できるようになっています。
制作や修正にコストや時間がかかるものの、伝えられる情報量が多くユーザーと認識のズレも生じにくいです。
費用対効果を実感するにはターゲットを明確にし、適切に動画広告の種類を選択する必要があるでしょう。


ペットオーナー向けの広告の効果とは


・里親募集やペットの総合情報メディア

里親募集やペットに役立つ総合情報メディアに広告を掲載すれば、日ごろからチェックしているペットオーナーの目に入ります。新商品や新しいサービスのPRに効果的です。

・動物病院やペットサロン

ペットの健康や美容のために動物病院やペットサロンを利用する意識の高いペットオーナーに訴求できます。サプリメントやペットホテルなどサービスの詳細を紹介でき、購買意欲の促進につながります。

・ペットをテーマにしたYoutubeやTwitterなどのSNS

ペットオーナーはペットに関する動画やSNSに興味があり、フォローしている可能性が高いです。ペットをテーマにした動画やSNSに広告を載せれば、グッズやサービスの良さが拡散され、話題を集めることができます。


ペットオーナーにアプローチできる動画広告とは


・生体紹介動画

通常ペットショップやブリーダーのホームページは、ペットの画像と簡単なプロフィールのみの場合が多いです。
加えてペットの生き生きとした様子を映した動画広告を掲載すれば、ペットの魅力を最大限に伝えることができます。

・ペット用品紹介動画

ペットのグッズ販売を行っている場合、商品の特徴や使用方法を詳しく説明した動画広告を掲載すれば購入の決め手となることがあります。
ペットオーナーが実際の使用感をイメージしやすくなるので、他社との差別化も図ることができます。

・施設紹介動画

ペットサロンやペットホテル、動物病院の施設案内や実際のサービスを動画広告にすれば安全性や清潔さを伝えられます。
信頼できる施設に大切なペットを預けたいと考えているペットオーナーも安心して利用できます。


ペットオーナーにアプローチできる動画広告のおすすめ媒体



まとめ


もともと堅調だったペット関連産業ですが、意識の高いペットオーナーの増加やサービスの充実によるペットの長寿命化で新規事業も拡大傾向です。
ペット関連産業の多様化や競争の激化に対応するために、ペットオーナーのニーズに合わせた効率的な広告方法でアプローチする必要があります。

ペットショップやグッズ、サービスを探す際に多くのペットオーナーがインターネットを利用する中、既存のWeb媒体にストーリー性のある動画広告を組み合わせれば大きな訴求効果が期待できます。また、動画広告は種類も豊富で様々なターゲットに向けて配信できます。

新たにペットオーナー向け広告をお考えの際は、ぜひ動画広告もご活用ください。

関連記事