印刷業界向けBtoB広告媒体5選|広告出稿の傾向など

印刷の周辺の技術やマーケティング情報誌や新情報を迅速に報道・解説する週刊専門紙、WEBメディアなど印刷業界にアプローチできるBtoB広告媒体をピックアップしました。

印刷業界向けBtoB広告出稿の傾向について

印刷業界とは様々な印刷物の印刷に携わる産業のことを指します。 出版印刷と呼ばれる書籍や雑誌の印刷、包装紙へのパッケージ印刷、ポスターなどの商業印刷など用途別に分類されます。 記事の内容もメディアにより異なりますが、印刷産業界の市場・経営・技術動向、企業、新製品など新情報や基礎的な学術情報から最先端の科学情報や技術事例になっており、非常に専門性が高く、業界に携わるBtoBメディアと言えるでしょう。 例えば、印刷産業の専門誌『印刷雑誌』の読者ターゲットは、印刷、製本・後加工、製版、デザインおよびコンピュータ、プリンタ関連の経営者、中堅幹部、技術者、開発者、デザイナー、新聞社技術部、出版・メディア編集者。印刷関係教育者、印刷専門学校生、研究者、日本印刷学会個人会員および法人会員(日本印刷学会機関誌)になっています。

BtoB広告の概要や種類に関する説明は以下をご覧ください。

BtoB広告のポイント解説 | マーケティング担当者向け

印刷業界向けBtoBのおすすめ

印刷産業の専門誌『印刷雑誌』

印刷およびデザインや出版をはじめとした印刷の周辺の技術やマーケティング情報が掲載。流通方法は、書店での販売、日本印刷学会の会員へ配布。

印刷雑誌の詳細はこちら

印刷業界の総合情報サイト『印刷出版研究所』バナー広告

印刷関連業界のBtoBに携わる方へいち早く市場動向、経営・技術動向を発信。掲載期間保証型のバナー広告メニュー。

印刷出版研究所バナー広告の詳細はこちら

印刷産業界ニュース専門紙『印刷新報』

産業界の市場・経営・技術動向、企業、新製品など新情報を迅速に報道・解説する週刊専門紙。題字下広告や雑報広告など。記事広告・タイアップ広告もあり。

印刷新報の詳細はこちら

グラフィックメディアを展望する総合情報誌『印刷情報』

グラフィックメディア関連の技術および経営情報を解説した専門誌。発行部数1万部。

印刷情報の詳細はこちら

製本・後加工業界専門情報紙『日本製本紙工新聞』

業界の経営、技術動向などを徹底報道する製本・紙工業界唯一のBtoB専門紙。月2回発行、ブランケット版。発行部数は5000部

日本製本紙工新聞の詳細はこちら