BtoB企業に有効な東海道・山陽新幹線広告媒体5選|広告出稿の傾向など

東海道・山陽新幹線内で実施できる広告メニューを集めました。東京・名古屋・新大阪・博多などの主要都市を結ぶ新幹線車内広告は、ビジネスパーソンの利用が非常多く BtoB企業のブランディングには高い効果を発揮します。

BtoB企業に有効な東海道・山陽新幹線広告について

新幹線広告は新幹線内にて掲出するものと、駅構内で掲出するものの大きく2つに分けられます。今回は、新幹線内の広告をピックアップします。 電車に比べて車内で掲出されている広告の数が少なく、他の交通機関に比べて乗車時間が長く、何時間にも及ぶことが多いので、乗客に接触される可能性が高いのが特徴です。 グリーン車指定で広告を掲出できるメニューもあります。2019年10月の株式会社ジェイアール東海エージェンシー/株式会社JR西日本コミュニケーションズの調査によるとユーザーの利用目的の63.8%がビジネスの利用で、BtoB企業には高い効果を発揮します。男女比では男性7割女性3割で、30代~50代で73.9%を占めます。

BtoB広告の概要や種類に関する説明は以下をご覧ください。

BtoB広告のポイント解説 | マーケティング担当者向け

BtoB企業に有効な東海道・山陽新幹線広告のおすすめ

まとめ

BtoB企業に有効な東海道・山陽新幹線内で実施できる広告媒体をご紹介しました。
新幹線は在来線などの電車と比べて広告枠は少ないですが、滞留時間が長い為、高い広告効果が期待できます。さらに新幹線はビジネスマンの利用が多いのでBtoB向け広告の出稿にはもってこいです。
新幹線でのBtoB広告の掲出を検討される際はせひこの記事を参考にしてくださいね。