面白い広告媒体3選! | アイデア次第で面白い企画やプロモーションが可能

広告は時代に合わせ次々と新たなものが生まれています。

近年で言えばWEB広告が代表的かもしれません。同じWEB広告でも、GPSなど位置情報を使った広告やインターネットの訪問履歴からターゲットにアプローチできる広告など、その種類は多岐にわたります。

そもそも広告は、自社の商品サービスを宣伝・認知させることや購入、ダウンロードしてもらうなどターゲットとなるお客様に何かしらのアクションを起こしてもらうために利用されます。WEB広告など、ターゲットにピンポイントでリーチできる分、頻度に注意しなければ広告自体がターゲットとなるお客様にとって不愉快なものとなり、ブランドイメージを下げてしまう恐れもあります。

様々な広告手法がある中で、今回はオフライン広告を使った「面白い」媒体について紹介します。低予算で実施出来てお客様にとって面白い媒体であれば、不快感を与えることなく効果も期待できます。今回紹介する面白い広告媒体を使った、全く新しいプロモーションを検討してみてはいかがでしょうか?

知ってましたか?この広告スペース『消火栓標識広告』

日本全国の公道上に立っている消火栓に、広告掲載をすることが出来ます。公道上に掲出するのは各許可書が必要ですが、消火栓広告は道路占用、道路使用、屋外広告物等のすべての許可を得た正規の広告です。








ビズ男君が話していた通り、お店への誘導効果が抜群なのが消火栓広告の大きな特徴です。スマートフォンの地図で目的地まで迷われる方も多いと思いますが、近くまで来て迷う事って結構ありませんか?そういったお客さんも逃さないようにするため、また道案内の問い合わせ電話を減らす意味でも消火栓広告はおススメです。

また、飲食店や不動産、スクールなど地元に根差したビジネスをされている方にも消火栓広告はおススメです。ビズパ先生が話していた通り、街中に建っている消火栓標識は広告掲出頂いたお客様からの協賛金で維持管理をしている為、地域の防災・防火活動に貢献することができます。地域貢献やCSR活動にも最適です。

気になる金額も…比較的リーズナブル。BIZPAサイト上の料金は、看板製作費・道路占用料・各種許可手数料・メンテナンス料・保険料など一切の経費を含んだ金額となっています。会員登録後に確認してみてくださいね。

広告料金を見る


ユニークで面白い広告媒体『アド人力車』

浅草や京都でおなじみの人力車に広告を出すことができます。




広告料金を見る

人力車広告の他にも、「駕籠(かご)広告」や「おさるの人力車広告」といったメニューもあります。



広告料金を見る





こちらの媒体は全国出張可能となっております。「面白い広告で注目を集めたい!」「今までやったこともないような面白い広告にチャレンジしたい!」と少しでも検討しているようでしたら、人力車広告をご検討してみてはいかがでしょうか。

広告料金を見る

オフィスで実施できる面白い媒体!『OFFICE DE MEDIA』

全国で累計1,500拠点超(2020.2時点)に導入されている「OFFICE DE YASAI」の冷蔵庫スペースに設置したタブレット端末によるデジタルサイネージメディアです。他の広告物が置かれていない「オフィス」というロケーションで冷蔵庫という物理的な「場」を確保しているため、内容をしっかり見ていただきやすい広告媒体となっています。




OFFICE DE YASAIのプロモーションは主に以下の3つです。

デジタルサイネージ

契約期間中にお約束した台数で動画広告を放映します。「健康な」イメージのある置き野菜冷蔵庫で動画プロモーションができます。

サンプリング

OFFICE DE YASAIの冷蔵庫にて商品サンプリングを実施します。ビジネスマンに向けた新商品の販促にご活用頂けます。




オフィスという「他に広告の無い空間」でターゲットにアプローチできるのは良いですね。

ビズ菜さんの言う通り、デジタルサイネージ(周知・認知)、サンプリング(利用)、アンケート調査(フィードバック)のプランを複合的に実施できるのは魅力的ですね。

新商品のテストマーケティングなどを行ってみても面白いのではないでしょうか。

OFFICE DE MEDIAの広告の詳細はこちら


面白い広告媒体の探し方

面白い広告媒体で広告を出したいと思っても、全国には数多くの面白い広告媒体があるため、自社の商品やサービスに適した媒体を見つけるのは簡単なことではありません。PRしたいエリアやターゲットなどの条件が合っていないと、たとえ面白くてインパクトのある媒体に広告を出しても、なかなか効果は得られません。自社のPRのターゲットを明確にし、それに合った媒体を選んで、インパクトのある広告展開を目指しましょう。

ここでは、面白い広告媒体の探し方についてご説明します。

キーワードで「面白い広告媒体」で検索する

 インターネットの検索エンジンに「面白い広告媒体」と入力し、検索をかける方法です。

検索すると、さまざまな面白い広告媒体を紹介している記事が見つかりました。これらの記事で紹介されているものを参考に広告媒体を選ぶのもおすすめの方法です。ただ広告を紹介しているだけでなく、どのようなメリットのある広告媒体なのか解説されている記事が多いので、ぜひ媒体選びに役立ててください。

直接、媒体元社へ問い合わせてみる

すでに気になっている広告媒体がある場合は、直接媒体元社へ問い合わせるとスムーズに広告掲出まで進めることができます。初めて目にする広告媒体でも、費用や掲載期間などの詳細について直接確認することができます。

BIZPAを使って検索する

面白い広告媒体を探すなら、広告に特化したプラットフォームであるBIZPA(ビズパ)を使って検索する方法があります。フリーワードやタグ、媒体特徴などから媒体を探すことも可能です。

ターゲットやエリアなどの条件が決まっている場合、まずその条件から検索するとさまざまな媒体が見つかります。「学生」や「ファミリー」、「20」などのタグから検索することもできますし、広告商品の一覧ページから「関東」や「人事」などのフリーワードを入力・検索することもできます。タグやフリーワードで検索してから、さらにカテゴリーで絞り込むこともできるので便利です。

BIZPAは無料の会員登録後に利用することができるようになります。各商品ごとに具体的な問い合わせを無料で行うことができるので、利用したことがないちょっと変わった広告媒体でも、詳細を気軽に問い合わせることができます。実際に広告を出稿するまで一切費用がかからないので、ぜひ利用してみてください。

BIZPAで広告媒体を探して見る


その他の面白い広告媒体


まとめ


オフライン広告を使った「面白い」媒体についてご紹介しました。どれもインパクトがあり、話題性のあるものばかりでしたね。インパクトを与えながらも、しっかりどのユーザーにアプローチしたいか明確にし、ターゲットに合わせた広告展開を行っていきたいですね。