応援広告とは | 費用や事例、出稿方法について解説

VTuber「萌えみのり」の応援広告

応援広告は韓国から輸入された、企業ではなく個人が広告出稿をする一風変わった広告手法です。日本では人気アイドルグループSMAPの解散時に新聞紙面を使った応援広告が大きな話題になりました。

日本では個人が広告出稿をすることは現状難しいため、SNSやクラウドファンディングなどで有志を募り、団体として広告代理店を通して広告出稿するケースが多いようです。最近では応援広告が話題になることが増え、中には応援広告を専門に取り扱っている代理店もあるようです。


応援広告を既に実施検討されている方はこちらよりお問い合わせください。

応援広告の掲載に関する問い合わせ


応援広告とは?

応援広告とは、韓国発祥のアイドルなど芸能人を応援するために一個人が出稿する広告のことを指します。

本場韓国では『センイル(誕生日)広告』と呼ばれ、駅や商業施設などで広く利用されています。日本語で応援メッセージが記載された応援広告が韓国で見かけられるなど、韓国のアイドルへの応援広告を中心に日本人にも利用されだしている新しい広告手法の1つです。 

日本に広まったのは2019年に放送された『PRODUCE101』がきっかけと言われています。韓国の人気アイドルを発掘するオーディション番組で、出演している練習生の宣材写真が応援目的での使用が公式に許可されたことから、日本でもファンが有志を募って駅や大型ビジョンなどに応援広告が出稿されました。

一個人が広告出稿をすることは日本ではメジャーではないため、公共の場所を利用した応援広告の出稿にはいくつかのハードルがあります。



応援広告の出稿の流れ

1、資金集め

応援広告も広告の一種である以上、出稿する広告枠を買い付ける必要があります。

広告スペースが多くの人にリーチできる目立つ場所であればあるほど、その費用は他の広告同様高くなる傾向にあります。応援広告は他の広告手法と違い一個人が広告出稿を行うため、広告費のねん出が一つ目の大きなハードルです。

本場韓国では、ファンがSNSやクラウドファンディングなどを利用して複数人から資金を調達、広告出稿するケースが主流のようです。日本でも大々的に広告出稿されたケースは決して多くはないですが、同様に複数人から集金、広告出稿を行われているようです。



2、パートナー企業探し



韓国とは違い、日本ではまだ個人が広告出稿を行うという文化があまり根付いていません。多くの広告媒体を扱っている有名代理店でも個人が広告出稿をするケースは前例がほとんどないため、広告出稿を断られることも少なくありません。

また、個人名では契約自体がままならないことが多いため、応援広告を出稿する場合は複数人で団体を作り、団体名での契約とする場合がほとんどとなっています。

3、応援広告クリエイティブ作成用素材集め

PRODUCE101のように事務所側が宣材写真の使用を許可するケースは日本では稀と言えます。

肖像権など有名人の権利に関して日本は韓国に比べるとかなり厳しいため、使用したい画像素材などが権利侵害にならないか、広告出稿の際には確認が必要です。




4、デザイン制作

応援広告は個人が広告出稿を行うため、デザインなどをある程度自分で行う場合もあります。出稿する広告媒体によって広告物のデザインに一定の規制がある場合もあるため、上記の権利侵害と合わせて事前の確認が必要です。

日本国内での広告出稿の場合、代理店を挟むことがほとんどなので、余程の事情がない限りデザインから代理店に相談する方が良いでしょう。


 

5、広告出稿

大型ビジョンだと安くても数十万~300万円、また、審査に1か月以上はかかってしまうことがほとんどです。

誕生日や周年など予め数か月前から日程がわかっているイベントに対しては、どの媒体でも上記のハードルさえクリアすれば広告出稿は可能です。ですが、日本で応援広告が話題になったPRODUCE101JAPANのように番組の企画中でより多くの人に応援広告を見てもらおうと考えると、大がかりな広告出稿では実施スケジュールが間に合わない事もあります。

そんな中、応援広告が日本でも話題になり少しずつですが個人での広告出稿が可能な(かつ早い)広告媒体も増えてきています。広告出稿は主に応援広告を取り扱っている代理店へ相談するか、応援広告の出稿を受け付けている広告媒体の運営企業と直接連絡を取るかのどちらかとなります。



応援広告に必要な費用

応援広告は企業ではなく個人が広告出稿を行う広告手法ですが、最近では企業が出稿する従来の広告物と同じく多くの広告媒体へ広告出稿ができるようになってきました。

もちろん広告媒体がより多くの人にリーチできる大型な媒体になれば、その分必要な費用も大きくなります。応援広告は個人が広告出稿を行う広告手法ですが、個人・企業で広告出稿に必要な費用に大きな違いはありません。

比較的安価なものであればカフェスペースなどを利用したカップホルダー広告が本場韓国と同じく人気で、最近では大型ビジョンや新聞紙面なども応援広告に利用されています。

おおよその広告出稿料金





応援広告が実施できる代表的な広告媒体

応援広告の出稿を受けてくれる代理店が増えたことによって、多くの広告媒体で応援広告の広告出稿が可能になってきました。その中でも実際に応援広告に利用された実績のある広告媒体をいくつか紹介します。

大型ビジョン

出典:ユニカビジョンHP

2020年12月、東京都新宿区の大型ビジョン、ユニカビジョンでK-POPグループBTSの応援広告が放映されました。

ユニカビジョンに限らず、最近では応援広告の出稿が可能な大型ビジョンが全国各地に増えてきています。大型ビジョンは短時間(数十秒程度)でも広告出稿が可能で、放映時間も指定できることから、応援広告の出稿媒体として非常に人気があります。



新聞広告

新聞広告の1面(全15段広告)を中心に、大々的に応援広告を行う際の広告媒体として利用されるケースが増えてきました。

例えば、2016年の12月、人気アイドルグループSMAPの解散を受けて、約1万3千人のファンがクラウドファンディングで資金を集め、朝日新聞全国版の紙面8ページを全て使った応援広告を出稿しました。クラウドファインディングの支援額は3900万円にも上り、当時応援広告自体が日本では知名度が低かったこともあり、連日ワイドショーに取り上げられ大きな話題となりました。 



交通広告

応援広告で利用される広告媒体として本場韓国では地下鉄の駅ポスターなど交通広告が主流です。日本でも交通広告を利用した応援広告は事例があり、交通広告を取り扱っている代理店の中には応援広告が出稿可能な企業もあります。

ですが、実際は日本の交通広告は審査基準が他の広告手法と比べて厳しいため、企画から広告出稿までに時間がかかってしまうため、応援広告には少し使いづらいというのが実情のようです。

交通広告自体は不特定多数の人にリーチできる人気の広告手法ではあるので、応援したい有名人の誕生日や周年イベントなど事前に日程がわかっているようなイベントに対する応援広告などでは高い効果が期待できます。



アドトラック

アドトラックはトラックの荷台部分を利用した広告手法です。その派手さゆえ、アーティストの誕生日やデビュー等のイベントで応援広告が出稿されるケースがあります。

トラック自体にラッピングを施す方法や、ビジョンを搭載したトラックなど大小様々なアドトラックが応援広告に利用されています。アドトラックは最短で1日、数時間から利用可能なものもあり、車体によっては映像を流したり、音楽を流しながら走行することも可能です。

最近では広告スペースをシェアできる応援広告に特化したアドトラックが話題になるなど、応援広告の代表的な広告媒体の1つになりつつあります。



応援広告を実施するメリット

応援広告は企画から広告出稿までの一連の手続きは大変ですが、その分広告自体の世間からの注目度も他の広告手法に比べて高くなる傾向にあるため、応援したい有名人の知名度アップに繋がります。

拡散力が期待できる

日本ではまだまだメジャーではない応援広告ですが、そのため企業が掲出する通常の広告物に比べて珍しく、人の目を惹くことが特徴です。物珍しさと応援広告を出稿しているファンを応援するという意味合いなどから、ほとんどの応援広告がSNSで拡散される傾向にあります。



一体感が演出できる

応援広告はファン同士が連絡を取り合い、資金を募ることがほとんどです。クラウドファンディングのように既存のフォーマットを利用する場合、直接のやり取りは少なくなりますが、それでも広告出稿に関わった人同士の連帯感は非常に高くなります。

応援広告は、同じ有名人を応援している人と同じ体験を共有できる一風変わった応援方法と言えます。



メッセージ性が出せる

今まで有名人の応援はSNSへの投稿やラジオ、テレビへの投書、有名人自身のSNSへの書き込みなど不特定多数の情報に埋もれる手段しかありませんでした。応援広告は費用こそかかるものの、個人の応援メッセージをある程度自由にデザインし、不特定多数の人に見られる目立つ広告として出稿することが可能です。



応援したい有名人自身にも応援がよりダイレクトに伝わり、興味のありなしに関わらず不特定多数の人に応援したい有名人をアピールできる点も応援広告の特徴の1つです。

応援広告に関する相談・問い合わせはこちら


日本の応援広告例

韓国から輸入される形で日本にも広まった応援広告ですが、既に多くのファンに様々な広告媒体で利用されています。



新聞紙面広告(SMAP)

PRODUCE101の応援広告が日本で掲出されるよりも昔、国民的アイドルSMAPの解散を受けて感謝のメッセージを書かれた応援広告が新聞紙面を利用して掲出されました。

1万8千人ものファンがこの企画に参加し、新聞紙面8面全段を利用した大々的な応援広告として大きな話題となりました。

それまで日本で企業以外が主導となって広告を出稿することは一般的でなかったため、この応援広告は広告業界からも注目を浴びました。


新聞広告(おそ松さん)

2020年10月に人気アニメ『おそ松さん』の第三期放送決定を祝う応援広告が毎日新聞に出稿されました。

2,200人のファンから延べ500万円の支援金が集まる一大プロジェクトとして新聞紙面を多くのファンが買い求め、SNSでも拡散され話題となりました。



アドトラック

アドトラックは従来大型のトラックを利用した広告手法として利用されることがほとんどでしたが、応援広告では小型トラックとビジョンを利用した比較的小規模でも広告出稿が可能なものが主流です。

中でも応援広告に特化したアドトラックを運営している代理店が少ないコストで広告出稿が可能なため多くのファンから人気を集めています。



海外の応援広告例

本場韓国では公共交通機関の駅や停留所、商業施設のポスターやビジョンを利用した応援広告が主流です。



駅広告

地下鉄の駅張りポスターやビジョンは韓国で最もポピュラーな応援広告です。多くの駅で応援広告を見かけ、日本語の広告も見かけるなど日本人にもよく利用されている応援広告です。

2019年にソウル地下鉄構内に掲出された応援広告の数は2,166件にも上るなど、韓国では地下鉄の応援広告は一般的な広告手法になってきています。




カップホルダー広告

カップホルダー広告は日本ではあまり見かけない広告ですが、韓国では応援広告として幅広く利用されています。

カップホルダー広告はカフェと提携してドリンクのカップホルダーにオリジナルの広告を出稿する広告手法で、応援広告として多くのファンに利用されています。



飛行機のラッピング広告

応援広告が頻繁に利用される韓国でも比較的大がかりな応援広告として飛行機のラッピング広告が話題になりました。



SNS広告

SNS広告は費用が安く、短期間でも広告出稿が可能なため応援広告と相性が良い広告手法の1つです。韓国では応援広告自体がメジャーなため、SNS上でも非常に多くの応援広告が出稿されています。



その他の応援広告例

その他、SNSで話題となった応援広告の事例について紹介します。

応援広告が出せる媒体の探し方

応援広告の出稿の流れの部分で「パートナー企業探しから広告出稿まで」を解説しましたが、初めて応援広告を出す場合、広告媒体や広告代理店をどのように探せばいいか迷いますよね。ここでは、応援広告が出稿できる媒体の探し方についてご説明します。

「応援広告 代理店」で検索して表示される広告代理店に聞いてみる

応援広告を出す1つの手段として、応援広告の実績がある広告代理店にお願いする方法があります。例えば「駅で交通広告をやりたい!」となった場合、直接鉄道会社に問い合わせても相手にしてもらえない場合がほとんどです。応援広告の定番である駅構内での広告展開では、ほとんどが広告代理店を通すことになります。広告の出し方含め、右も左も分からない状態であれば、実績のある広告代理店に依頼するとスムーズに広告掲出まで進めてくれます。

特に、デザインから相談に乗ってほしい場合や、予算が潤沢にあるため大規模な広告展開を実施したい…と考えている方は、まずは広告代理店に相談してみると良いでしょう。

BIZPAを使って検索する

広告媒体を探すなら、広告に特化したプラットフォームであるBIZPA(ビズパ)を使って検索する方法があります。フリーワードやタグ、媒体特徴などから媒体を探すことも可能です。

地域密着の地方紙や電車内・駅構内などに掲出できる交通広告、看板、屋外ビジョンなど様々なジャンルの広告を簡単に探すことができます。応援広告というと、屋外ビジョンや駅広告を想像する方も多いかもしれませんが、過去、応援するアーティストの方が“寿司”が好きという事で、回転ずし店舗を使った広告メディアで応援広告が出された事例もありました。

BIZPAであれば、多種多様な広告メディアの中から、応援広告にマッチするメディアを自分で選ぶことができます。個人や法人格でない組織の場合、掲載には審査や確認があります。応援広告をご検討中の方は下記フォームからご連絡ください。

応援広告について質問がある方はこちら


まとめ

韓国が発祥の応援広告ですが、日本にも少しずつその分化は広まりつつあります。インターネットやSNSの普及で個人の発信が当たり前の時代になり、広告物のあり方も少しずつ変わりつつあるのかもしれません。

企業が自社の商品・サービスを紹介するために利用されている広告宣伝ですが、これからは応援広告のように個人がそれぞれに宣伝したい商品・サービスに対して自由に広告宣伝を行える時代が近いうちにやってくるかもしれません。



応援広告のご相談は下記よりお問い合わせください。

応援広告に関する相談・問い合わせはこちら

関連記事