BtoB向けバナー広告10選|広告出稿の傾向など

BtoBをターゲットとして実施可能なバナー広告をピックアップしました。人事担当やマーケティング担当など、特定の職種の方が情報収集をするために見ているサイトへのバナー広告や、業界に特化した専門誌のWEB版などが中心になります。

BtoB向けにアプローチできるバナー広告について


BtoC広告に比べ、BtoB広告はリーチできる層は少なく、導入までに検討者・利用者・意思決定者などの複数の関与者が多く、会議や稟議など関連部門による合意が必要で、意思決定まで時間がかかるのが特徴です。また、ターゲットを間違えると、広告費の無駄打ちに繋がりやすいため、自身の商材・サービスと出稿先メディアのユーザーがマッチしているかという点が非常に重要になります。BtoCに比べて広告の単価は高くなる傾向にありますが、販売する商品の価格が高いことや、無駄打ちが少ない点などを考慮して検討する必要があります。
また、BtoB商材導入の意思決定者は富裕層であることも多いので、富裕層向けのメディアで経営者をターゲットとしてBtoB商材・サービスのPRを行う場合もあります。

バナー広告の種類や料金体系についての説明は以下をご覧ください。

バナー広告って何?料金体系や種類などについて徹底解説!

BtoB向けバナー広告のおすすめ

まとめ

BtoB向けのバナー広告をご紹介しました。
自動車業界や旅行業界、フリーランス向けなど、個性豊かなラインナップでしたが、様々な業界の人へ向けてアプローチができることがわかります。
BtoB向けバナー広告の掲出を検討される際はぜひこの記事を参考にしてくださいね。

関連記事