クルマに関する広告・媒体の比較、まとめ

クルマがはじめて誕生したのは1769年、フランスの二コラ・ジョセフ・キュニョーが発明した蒸気で走るクルマです。その後、大衆のクルマとしてガソリン車が量産され、普及されていきました。さらに、スピードの追求や高級車の開発を経て、現在では電気自動車の普及も進んでいます。主な用途は移動手段になりますが、男性を中心に趣味やステータスとしての位置づけも健在です。また、昨今では、電気自動車や自動運転、さらには空飛ぶクルマなどが話題に上がっていて、目が離せないテーマとなっています。今回は、そんなクルマに関する広告やメディアについてまとめました。

まとめ

クルマに関する広告やメディアについてご紹介しました。

クルマ全般の情報を発信しているものだけでなく、アートトラック専門誌やキャンピングカー専門誌など、個性豊かな媒体の数々でした。

クルマに関する広告・メディアへの出稿を検討される際はぜひこの記事を参考にしてくださいね。

関連記事