パズル雑誌の広告枠について解説! | パズル雑誌の例や過去の広告事例など

パズル雑誌(パズル誌)は50代以上を中心に購入されている雑誌です。パズルの種類で見るとクロスワードを始め、ナンクロ、漢字パズル、まちがいさがし等その種類は様々です。

どのパズル誌も、その読者の多くは女性で50代以上の読者が中心と言われています。読者の多くが、毎号買っている同じ種類のパズル雑誌を買い続ける(クロスワードならクロスワード、ナンクロならナンクロなど)する傾向があります。また、同じ種類のパズル雑誌でも様々な出版社が出すパズル雑誌と併読する読者が多く、3冊、4冊と複数買いしている方も多数いらっしゃいます。

パズル雑誌への広告出稿について

パズル雑誌の読者は、クロスワードやナンクロなど種類によって多少の違いはあるものの、冒頭でも述べた通り「50代以上の女性」がメインです。広告の出稿事例も、サプリメント、健康食品、育毛剤など50代以上のシニア世代に向けた広告が多くなっています。

パズル雑誌は、購入後、新しい号が発売されるまで手元に保存されやすい特長があります。読者によっては、次の号発売まで消しゴムで消しながら何度も利用する方も。読者との接触頻度が高い裏表紙(表4)の広告が特に人気です。

今ほど出てきたような、「表4」など、雑誌広告の掲載位置については下記の記事で説明しています。他にも「表2」「表3」や「表2対向」等、様々な広告枠があるので、詳しくは下記記事をご覧ください。

雑誌広告の掲載面、サイズ、カラーについて|表2、表3、◯◯対向とは?

また、パズル雑誌以外の雑誌全般に関する広告については下記記事でまとめています。パズル誌の広告枠で多い「純広告」やファッション誌や経済誌などに多い「記事広告」など、広告プランについても説明しています。

雑誌広告とは?純広告や記事広告などの種類やメリットついて徹底解説!

パズル雑誌の例

まとめ

パズル雑誌の広告枠についての解説と併せて、広告出稿可能なおすすめのパズル雑誌についてご紹介しました。
シニアや主婦層へのアプローチにおすすめのパズル雑誌ですが、様々な種類があるのでぜひ雑誌ごとの特徴を把握して、媒体選びを行ってくださいね。

関連記事