広告が出せるホビー雑誌8選! | ホビー雑誌の特徴や過去の広告事例など

ホビー雑誌は、主にプラモデルやラジコン、エアガンなどの趣味を持つ方が購読する雑誌を指します。メイン読者は30代以上の比較的ゆとりがある世代が多くなっています。また、創刊から20年以上経っている歴史のあるホビー雑誌も複数あります。

今回は、そんなホビー雑誌について、読者層やホビー雑誌例、広告出稿事例を解説します。

ホビー雑誌への広告出稿について

ホビー雑誌の読者は、その雑誌で取り扱うホビー内容によって多少の違いはありますが、その多くが30~60代の男性が中心です。ライトユーザーからヘビーユーザーまで読者層は広く、プラモデルやラジコンなどのホビーに興味がある方の情報収集の手段として読まれています。

ホビーに関する最新情報や雑誌独自の視点で描く記事を楽しみにしているファンも多く、それぞれ雑誌には熱狂的なファンがいることもあります。広告の出稿事例は、各雑誌が扱うホビーの内容によって様々です。プラモデルなどのホビーを扱う雑誌であればホビーメーカー、ホビーショップ、ゲームメーカー、映像メーカーなどがあります。また、エアガンなどを扱うホビー雑誌では、トイガンメーカー、トイガン専門店、銃砲店、光学機器メーカーの事例があります。

ホビー雑誌には、各雑誌の編集部が独自の視点で分析して記事型広告を掲載する「記事タイアップ」、各企業が自由に広告をデザインできる「純広告」などの広告プランがあります。雑誌広告については下記記事で詳しく紹介しているので、是非ご覧ください。

雑誌広告とは?純広告や記事広告などの種類やメリットついて徹底解説!

また、ホビー雑誌で広告を掲載する際、掲載面やサイズは反響を出す上で重要な要因となります。例えば、人気のある企画の記事近くの広告は視認率も高いですし、逆に雑誌後半の読了率が低いページだと広告視認率が低くなる傾向があります。雑誌広告の広告面やサイズ、カラー・モノクロに関する情報は下記記事でまとめています。ぜひご覧ください。

雑誌広告の掲載面、サイズ、カラーについて|表2、表3、◯◯対向とは?

広告が出せるホビー雑誌の例

関連記事