マーケターとは? | 宣伝方法の立案やターゲット設定などを行い商品の売上向上を目指す仕事

一般的に「マーケティング」とは、物が売れる仕組みを作り出すことと定義されます。そして、そのマーケティング業務に携わる人を「マーケター」といいます。

日本の有名なマーケターである森岡毅は、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)のCMO時代、あらゆる戦略を用いて倒産寸前だったUSJをV字回復させました。このように、マーケターは企業の存続さえも握る重要な役割を果たします。そのため、マーケターになるには、さまざまな広告知識や、データ分析力、コミュニケーション能力といった高いスキルが求められます。

今回はマーケターの役割や、マーケターに必要な能力を解説します。

マーケターとは?

マーケティングの定義はあいまいなものの、一般的には「物が売れる仕組みづくり」と言われます。そして「マーケター」とは、マーケティング業務に携わる人のことを言います。
言い方を変えれば、マーケターは物が売れる仕組み作りを担当する人、いわば「ヒット商品の仕掛け人」とも言えます。

マーケターの仕事は、商品のターゲット設定や宣伝手法の立案など多岐にわたります。また、企業によっては業務内容や活動範囲によってマーケターの名称が細かく分けられる場合も。例えば、WebサイトやSNSなどのWebを活用して売れる仕組みを作るマーケターを「Webマーケター」、市場調査やリサーチをメインに行うマーケターを「リサーチャー」と呼ぶ企業もあります。

マーケターの役割

マーケティング活動の全般を担うマーケターの業務内容は幅広く、企業や所属する部門によっても担当する範囲は異なります。
ここでは、一般的なマーケターの業務内容を紹介します。

市場調査、リサーチ、分析

マーケターが行う業務には、まず「市場調査、リサーチ、分析」があります。そもそも、商品を売るためには市場のニーズを把握するのが不可欠。マーケターは「今、世の中ではどんな商品が求められているのか」「ターゲットとなる層が好む商品は?」「ターゲットにはどのような悩みがあるか?」などを調査します。

また、既に販売商品が出来上がっている場合は競合にあたる商品を分析することも必要になります。なお、企業によってはマーケターが市場調査を行わず、外部の調査会社を利用してリサーチする場合もあります。

商品コンセプトや企画設計

マーケターが行う業務の2つめに、「商品コンセプトや企画設計」があります。市場調査でわかった情報をもとに、どんな商品をユーザーに提供すべきかを考える工程です。細かく部門が分かれている企業では、企画設計はマーケターが関わらず、企画専門の部署が行う場合もあります。

広告、販促

マーケターが行う業務の3つめが、「広告や販促手段の立案」です。「どのように商品を販売していくか」を検討する作業で、マーケターの一番の腕の見せ所とも言えます。具体的には、「店舗ではどのように展示するか」「どの媒体に広告を出すか」など、ユーザーに商品を認知させ、商品を手にとってもらうための戦略を決めます。

宣伝手法といえば真っ先に思い浮かぶのが「広告」。ただし、広告でもテレビCMや雑誌広告などの「マス広告」や、スマートフォンの普及で年々勢いを見せている「WEB広告」などさまざまな種類があります。広告種類によってメリットやデメリットが異なるため、それぞれの特徴を理解し、ターゲットに合わせた広告手法の採用が必要です。

宣伝手法が決まったら、施策を実行に移していきます。場合によっては、マーケターは多数の関係者と連携していく必要があり、高いコミュニケーション能力やスケジュール通り進めるための調整力が鍵となります。また、計画実行後も商品の売れ行きを見ながら広告を運用するなど、問題点があれば都度改善に取り組みます。

マーケターに必要な能力

ヒット商品を作り出すマーケターは、華々しい印象を抱く職業のため憧れる人も多いです。しかし、マーケターの仕事は簡単ではありません。市場調査から企画設計、販促などさまざまな業務を担当するマーケターには、多くの知識とスキルが必要です。
ここでは、マーケターに必要と言える5つの力を紹介します。

行動力

マーケターに必要な力の1つめは、「行動力」です。世の中の動きは早く、市場のニーズは常に変化し続けています。売れるチャンスを逃さないためにも、良いと思ったアイデアはすぐに行動に移さないといけません。そのためにも、思いついたアイデアをすぐに周りに発信し、計画を実行する行動力が必要です。

情報収集能力

マーケターに必要な力の2つめは、「情報収集能力」です。せっかく良い製品でも、世の中が求めているものと異なれば見向きもされないことも。また、莫大な広告費を投下して宣伝しても、ターゲットが見ていない場所で行っていては意味がありません。最適なマーケティング活動をするためにも、マーケターはユーザー視点を忘れず、正しい情報をキャッチする力が重要です。日頃からニュースをよくチェックしてトレンドを意識したり、外に出て商品が売られている様子を見て研究したりして、必要な情報を集める力を鍛えてください。

分析力

マーケターに必要な力の3つめは、「分析力」です。商品販売前であれば市場調査、商品販売後であれば実際の効果と、マーケターは各種データを読み解きながらマーケティング戦略を立てていきます。

最近はIT技術の発達で、専用ツールを使用して簡単に膨大なデータが入手できるようになりました。しかし、ただデータをやみくもに集めただけでは意味がありません。マーケターは集まったデータを正しく分析し、商品を買ってもらえるために最良な手段を何度も検討する必要があります。

なお、マーケティング分析においては、「PEST分析」「バリューチェーン分析」「3C分析」など多数のフレームワークが存在します。マーケターはフレームワークを使いこなし、商品が売れる仕組みを導き出していきます。

コミュニケーション能力

マーケターに必要な力の4つめは、「コミュニケーション能力」です。マーケティングは決して1人で完結する仕事ではありません。社内だけでも、商品を置いてもらう店舗に出向く営業や広告予算を管理する経営部門など、多くの人の協力があってこそマーケティングが成り立ちます。マーケターは関係部署と連携し、スケジュール通りに物事が進むよう調整する力が必要です。

また、広告代理店に属するマーケターであれば、クライアントにマーケティング戦略をプレゼンする機会もあります。たとえクライアントから要望があったとしても、効果が出ないと判断できる内容なら相手が納得できるように説明しなければいけません。社内・社外問わず、円滑なコミュニケーションがマーケティング業務においては不可欠です。

企画力

マーケターに必要な力の5つめは、「企画力」です。マーケターはさまざまな施策を用いて物が売れる仕組みを作り出します。ときには既存の枠にとらわれない、するどいアイデアを生み出すことも必要。また、思いついたアイデアを言葉にし、論理的に周りに伝えることも重要です。

まとめ

物が売れる仕組みを作る「マーケター」は、企業にとっても大変重要なポジションです。たとえ企業が良い製品を作ったとしても、宣伝手法が適したものでなければターゲットのもとに届かず埋もれてしまいます。そして、製品が売れなければ会社の売上が立ちません。マーケターの仕事は責任重大ですが、その分、企画が上手くいったときの喜びは大きいです。

最善なマーケティング活動をするためにも、マーケターは常に知識やスキルをアップデートしていくことが不可欠。そして、自身もユーザー視点を忘れずに、日頃からヒット商品や人々の悩みをチェックして情報を集めるようにしてください。

関連記事