音楽好きな人にアプローチできる広告



音楽は自分で演奏することを趣味としている人や、ライブで演奏を聴くことを趣味としている人がいます。

近年では、音楽ストリーミングサービスが広がりをみせていて、より音楽が身近な存在になりましたよね。

そんな音楽が好きな人にアプローチするためには、どのような場所で、どのような広告を出せば効果的なのでしょうか?

この記事では、音楽の業界について、音楽の情報を発信する媒体とはどんなものがあるのか、音楽好きな人にアプローチできる広告とは、について詳しく説明していきます。


音楽について


CDの売り上げが減少している音楽業界ですが、音楽配信はここ数年成長を続けていて、音楽ストリーミングサービスは私たちの生活に欠かせないものとなっています。

音楽は、スマートフォンやタブレットの普及により、ポットキャストや動画サービスでいつでも好きな時に音楽に触れることができ、音楽がより身近な存在となりました。

今後も日本におけるサブスクリプションモデルの音楽事業は拡大を続けると考えられていて音楽業界の追い風となっています。

また、日本のライブ市場も年々伸び続けていて、音楽業界に注目が集まっています。


音楽の情報を発信する媒体とは


・CD・レコードショップ

CD・レコードショップは音楽に関心のある層が数多く訪れる場所です。
店内にはCDやライブDVD、音楽雑誌などが展開していて、音楽のありとあらゆる情報に触れることができる媒体となっています。

・音楽配信サイト

音楽配信サイトでは、お気に入りのアーティストの曲や最新曲などが、手軽にスマートフォンやタブレットなどで楽しむことができます。
自分の好きな曲だけを集めたプレイリストを作れたり、曲をダウンロードしてオフラインで音楽を楽しむことが可能です。
いつでも好きな時に音楽を視聴することができる媒体です。

・音楽雑誌

アーティストのインタビューやライブレポート、ツアーやレコーディングに密着した記事などに触れることができる媒体です。
日本のポップスや洋楽など、さまざまなジャンルの雑誌があります。

・音楽スタジオ

大きな音が出る楽器のレッスンを行う際には防音設備の整った音楽スタジオで楽器を演奏することが必要です。
音楽スタジオであれば、周りに遠慮することなく、思いきり楽器のレッスンを行うことができるため、音楽を趣味とする人が多く利用する媒体となっています。

・ライブハウス

ライブハウスは、ジャズやロックなどのライブやイベントなどを行う、比較的小さな会場で、座席などがなく、フリースタイルでライブを楽しむ場所のことをいいます。
ライブを楽しむことは、音楽が好きな人にとってとても関心が高いです。
ライブハウスでは、臨場感や高揚感を楽しむことができる媒体となっています。


音楽好きな人にアプローチできる広告とは


・音楽スタジオでのサンプリング/カタログ設置/ポスター掲示/チラシ配布

音楽スタジオにおいて、音楽を演奏している10~30代の男性をターゲットにサンプリング、カタログの設置、ポスターの掲示、チラシの配布が可能です。
スタジオでの滞在時間が長い傾向にあるため、サンプリングであれば、その場で商品を試してもらうことも可能となっており高い効果が期待できます。

・音楽ストリーミングサービスでの音声広告配信

音楽ストリーミングサービスにおいて、楽曲間のブレイクに音声広告を配信することができます。
耳からメッセージを伝えるため、運転中や運動中などのスマートフォンの画面を見ることができない場面でもアプローチが可能となっています。

・音楽についてのフリーペーパーの設置

音楽や映画など、エンターテインメントに関するフリーペーパーの設置が可能です。
音楽に関心のある読者に向けて、商品やサービスの宣伝が可能となっています。

・CD・レコードショップ内デジタルサイネージ

CD・レコードショップ内にデジタルサイネージを設置し、アピールしたい商品やサービスの宣伝をすることができます。
訪れた人が必ず目にするような場所に設置することで、音楽に関心のある人に効果的にアプローチすることができます。

・音楽配信サイトでのバナー広告

音楽配信サイト内においてバナー広告を出すことが可能となっています。
音楽配信サイトではアーティストの検索やオンラインショップ等に訪れる音楽に関心のある層に効果的に訴求することが可能です。


音楽好きな人にアプローチできる広告のおすすめ媒体




まとめ


音楽は年齢、性別を問わず楽しむことができます。

ジャンルもポップス、ロック、ジャズ、ヒップホップ、R&B、ヘビーメタル、クラシック…などさまざまです。
音楽配信サービスの普及により、いつでも、自分の好きな時に、自分の好きなジャンルの音楽を楽しむことができます。
また、日本のライブ市場は年々伸び続けていて、ますます、音楽業界に注目が集まっています。

この記事を、音楽を好きな人にアプローチできる広告を考える際に参考にしてください。

関連記事