タクシー窓広告について | 種類や事例など

全国各地の公道を縦横無尽に走行する交通機関、タクシー。このタクシーを利用したタクシー広告は多くの企業にとって自社の商品・サービスを宣伝広告する重要な広告媒体の1つです。

タクシー広告には、車内のデジタルサイネージ広告、サンプリングやステッカー、車体を利用したラッビング広告や行灯広告など様々な広告媒体が存在します。その中でも最新の広告媒体としてタクシーのウィンドウを利用した窓サイネージが注目を浴びています。

注目を浴びているタクシーの窓サイネージ広告ですが、現時点(2021年6月時点)では広告媒体として窓サイネージを提供している事業者は多くありません。今回はタクシーを利用した窓サイネージ広告を出稿可能な代表的な事業者を2社紹介します。

株式会社ニューステクノロジー+S.RIDE株式会社『Canvas』

『Canvas』は株式会社ニューステクノロジーとS.RIDE株式会社が共同で開発、2021年6月にサービスが開始されたタクシーの窓を利用したデジタルサイネージ広告の1つです。

東京都内最大級のモビリティ事業『THE TOKYO TAXI VISION GROWTH』の運営を手掛ける株式会社ニューステクノロジーと、タクシー配車アプリ『S.RIDE』を展開するS.RIDE株式会社が協力することで、大規模なタクシー窓サイネージ広告のリリースが実現しました。

この窓サイネージ広告では、AGC株式会社が開発したガラス製スクリーン『グラシーン』の導入によって、利用者が乗車時は無色透明のウィンドウガラスを、空車時のみ広告を掲出するデジタルサイネージとして利用することが可能です。現時点では都内を走行する『JPN TAXI』100台に先行で搭載、広告が掲出されています。

今後は対象となる車両数を順次増加させ、S.RIDEが保有しているタクシー全車に搭載が計画されています。

広告プラン例

■TOKYO 100JACK(100台掲載) / TOKYO 50HALF(50台掲載)
期間:1週間~
対象エリア:都内指定エリア

■TAXI JACK PLAN 
期間:5H/DAY~15H/DAY
対象エリア:都内指定エリア
※10台~30台の『Canvas』搭載タクシーを隊列走行させるプラン。
※最小10台、5H/DAYから最大30台、15H/DAY内で選択可能。

参照:GROWHT MEDIA SHEET

株式会社Laura『CarWindow』

株式会社Lauraは2021年3月に国内初となるタクシーの窓を利用したデジタルサイネージ広告が掲出できるサービス『CarWindow』のトライアルを実施しました。

『CarWindow』はタクシーの停車時のみ後部座席横のウィンドウがデジタルサイネージ広告として利用できるサービスです。『CarWindow』では、サイネージ広告を視聴した消費者の把握が可能で、リーチ数や視聴者数を把握し、詳細な効果測定が実施できる点も特徴の1つです。

タクシー窓サイネージの配信例

国内ではタクシー窓サイネージ広告は、まだまだ生まれたばかりのサービスです。実績も全国的に少ない広告手法ですが、その中でも興味深い事例について紹介させていただきます。

『ONE PIECE』タクシー窓サイネージ広告

出典:国内初の車窓サイネージサービス「Canvas」5月31日より国民的大人気漫画『ONE PIECE』とタッグを組み、“最新99巻発売&100巻年内到達記念ONE PIECEタクシー”が期間限定で登場!

2021年5月31日から『Canvas』と『ONE PIECE』のコラボレーション企画として、100台のタクシー窓サイネージ広告を利用した『ONE PIECE』の広告が放映されました。

このコラボレーション企画では、『99発売&100巻年内到達記念ONE PIECEタクシー』と題して、『ONE PIECE』1巻~99巻の中から計100の名シーンが、Canvas搭載のタクシー100台でそれぞれ放映されました。

まとめ

タクシー窓サイネージ広告は交通機関であるタクシーを利用した新しい広告手法の1つです。

現時点では都内に限定されたサービスとしてリリースされているものがほとんどですが、今後この広告手法は全国に拡大されていくことが予想されています。

不特定多数の人にリーチできる広告手法でもあるタクシー窓サイネージ広告。走る広告塔として、このタクシー窓サイネージ広告を利用してみてはいかがでしょうか。

今回ご紹介した窓サイネージ以外のタクシー広告については、下記記事で詳しく解説しています。併せてチェックしてみてくださいね。

タクシー広告の種類や効果を徹底解説 | BtoBが得意な交通広告

関連記事