飲食店の集客方法について|宣伝方法やアイデアなど


本記事では、飲食店の集客手段を2つのパートに分けてそれぞれ紹介します。

飲食店の集客手段とは?

割引のイベント広告を出すなど、飲食店の集客手段は様々です。では、まずどんな集客が効果的なのかを確認していきます。

他の飲食店との差別化

他の飲食店と比べて何がどう違うのか、しっかりとした差別化が集客を左右します。もしも他の飲食店と大して変わらないメニュー、画一的なサービスを提供した場合、価格競争に巻き込まれたり、お客様に指名で選んでもらうことは出来ません。“その飲食店でなければいけない理由”が、飲食店の集客には必要不可欠です。

たとえば、他の飲食店と比べて価格が圧倒的に安い、ゆったりと落ち着ける雰囲気の良さ、スタッフの接客レベルが飛び抜けて高いなどが言えます。これらの特徴があれば、この差別化要素を軸に飲食店は集客しやすくなります。飲食店が集客に力を入れるなら、まずは唯一無二の独自性をアピールするのが良いでしょう。

差別化を図れれば、新規のお客様がリピーターになる可能性が高まります。お客様に「この飲食店でなければ」と思わせるような強みが、集客力アップにそのまま直結します。

割引イベントの実施

新規のお客様を数多く集客するのに、割引イベントの実施は効果的です。お客様の初回誘導として「割引されて安いならとりあえず1回利用してみようか」と考えてもらえやすくなります。

よっぽどの理由がない限り、まだ1度も利用したことのない飲食店は選ばれません。外したくない心理から、多くのユーザーが過去に利用した経験がある飲食店を選びがちです。飲食店が安く利用できる割引は、お客様に「初めてだけど利用してみたい」と思ってもらいやすくなります。そのお客様が継続利用するかどうかはわかりませんが、少なくとも1度は来店してもらえます。

価格を安くすれば、イベント期間中の利益率は下がります。ですが新規のお客様が増えてリピーターになれば、将来的な売上アップ及び利益アップにつながることは間違いありません。お客様にとって魅力的なことをしない限り、飲食店になかなか足を運んでもらえないです。料金を安くするイベントには十分期待できます。

広告で集客

差別化や料金を安くするイベントの実施以外に、広告を出す手段があります。広告で集客する場合、電柱や消火栓を活用した広告、ポスティングやフリーペーパーの広告などがあります。

飲食店があることを、まずお客様に知ってもらう必要があります。そこで飲食店はさまざまな広告を出し、飲食店の存在をアピールします。飲食店の存在は口コミで広がったりもしますが、まず新規のお客様がいないことには何も始まりません。そこで新規のお客様を獲得するために、広告を出して集客します。飲食店が営業を長く続けるためには、広告による集客が欠かせません。

飲食店集客にお勧めの広告

広告の種類は数多くありますが、それらの中でも飲食店集客にお勧めの広告がいくつかあります。お勧めの広告についてそれぞれ解説します。

電柱広告、消火栓広告(道案内)

今はネットで検索して飲食店を探すケースが一般的ですが、すべてのお客様がネットで調べるとは限りません。周辺を見回しながら、直に飲食店を探すお客様もいます。そのタイプのお客様を集客するのに抜群の効果を発揮するのが、飲食店の情報を簡潔に掲載している電柱や消火栓の広告です。電柱や消火栓に掲載された飲食店の広告を見つけたお客様が、フラッと立ち寄ってくれる可能性があります。

電柱や消火栓の広告は、通行人の目に入りやすいです。カラフルな配色をしていれば遠くからでも目立ちますし、消火栓の広告は背景が真っ赤ですから否が応でも目に入ります。飲食店の広告が出ていることを通行人に気付いてもらえれば、利用するきっかけになっておかしくありません。

広告を出したからといってすぐ多くのお客が来店するようになるわけではないものの、着実に集客を伸ばせるのが電柱や消火栓の広告の魅力です。電柱や消火栓の広告は公共性があるため、地域で生活している人はもちろんたまたま立ち寄っただけの人にも飲食店の存在をアピールできます。
安定継続的な飲食店の集客を目指すのに、電柱や消火栓の広告は効果的です。

電柱広告と消火栓広告については以下の記事に詳しくまとめていますので、ぜひご覧ください。

電柱広告ってどんな広告?| 広告料金から最新事例まで徹底解説!
消火栓広告ってどんな広告? | 1日数百円で出来る屋外看板

もし、近所で出せる電柱広告・消火栓広告をお探しの場合は、BIZPA(ビズパ)の電柱広告・消火栓広告の検索機能がおすすめです。

上の写真のように、地図上から電柱広告や消火栓広告を探すことができます。自分のお店の周辺エリアや商圏エリア内からどこに広告が出せるか知ることができ、とても便利になっています。BIZPAへの無料会員登録後に利用できるようになります。広告媒体の検索から媒体への問い合わせまで全て無料でできるので、初めて広告掲出する場合でも安心。ぜひ利用してみてください。

BIZPAで電柱広告・消火栓広告を見てみる

ポスティング、チラシ折込

新たに飲食店がオープンしたり目玉のキャンペーンを実施する時は、ポスティングやチラシ折込の広告を出すのがお勧めです。飲食店がオープンしたり目玉の割引キャンペーンを実施するなら、そのことを1人でも多くに知ってもらわなければいけません。ポスティングやチラシ折込の広告なら、飲食店の商圏範囲内に効率的に告知できます。

ただしポスティングやチラシ折込の広告は、見た人に興味を持ってもらわなければ意味がありません。ですので多少派手過ぎるぐらいのデザインがちょうど良いです。たとえば飲食店が新たにオープンする場合、日時や地図を大きくすれば視覚的に十分なインパクトがあります。また割引キャンペーンを実施する場合も「半額」「○○円引き」「大感謝キャンペーン」などの文字を大きくすることで、見た人に興味を持ってもらいやすくなります。

飲食店のポスティングやチラシ折込の広告に、すべての人が関心を寄せてくれるわけではありません。中には内容をあまり確認せず、そのまま捨ててしまうケースもあります。ですが何割かは「何だろう」と必ず興味を持ってくれますし、告知の内容に引かれて来店を決めることも当然あります。
飲食店が特に集客に力を注ぎたい場合は、ポスティングやチラシ折込の広告を前向きに検討しましょう。

ポスティングと折り込み広告については以下の記事に詳しくまとめていますので、ぜひご覧ください。

ポスティングって何?ポスティングによる広告効果やそのメリットについて徹底解説!
折り込み広告とは?ポスティングとの違いや種類について徹底解説!

フリーペーパー

フリーペーパーは地域に根付いているケースが非常に多いため、飲食店の広告媒体として侮れません。地域の集客を狙うなら、フリーペーパーで広告するのがお勧めです。

フリーペーパーによる広告が飲食店にとって魅力的なのは、情報をまとめて記事付きで紹介してもらえる点です。フリーペーパーの構成にもよりますが、写真・紹介文・店名・営業時間・連絡先・住所などの情報をわかりやすくまとめている場合多いです。情報がわかりやすければ、それだけ集客効果も大きくなります。

またネットをそれほど使わない客層にしっかりアピールできるのも、フリーペーパーに広告を出す魅力です。ネットよりフリーペーパーの情報をよくチェックするお客様も中にはいますから、ネット以外の客層も幅広くカバーできます。ネット広告と比べて分母は小さいですが、実際に来店する可能性が高い人の集客を見込めるのは魅力です。

飲食店の良さを最大限引き出してくれるのがフリーペーパーですので、出店した地域でフリーペーパーが発行されている場合は、広告を出すのがお勧めです。地域の人に早く知ってもらえるため、集客を増やすチャンスです。

フリーペーパー広告については以下の記事に詳しくまとめていますので、ぜひご覧ください。

フリーペーパー広告って効果はあるの? | 広告枠サイズや配布方法が様々な紙媒体

集客手段としてフリーペーパー広告の掲出をお考えなら、BIZPA(ビズパ)がおすすめです。

全国には数多くのフリーペーパーがありますが、BIZPAならさまざまな条件から絞り込み、簡単に探すことができます。BIZPAへの無料会員登録後に利用できるようになり、会員登録後には広告掲出の価格の確認もできます。もちろん、フリーペーパー以外の広告媒体も掲載されているので、集客手段を総合的に検討することが可能です。ぜひ、利用してみてくださいね。

BIZPAでフリーペーパーを探してみる

まとめ

飲食店のいろいろな集客手段を、主に2つのパートに分けて紹介しました。
まず飲食店の差別化が一番の集客になりますし、お客にとって魅力がある広告を出すのも集客に効果的です。

広告ではポスティングや折込チラシやフリーペーパーなど、ネット以外を活用する手段も頭に入れておきましょう。これらの広告を有効活用すれば、理想的な集客は十分可能です。

関連記事