BtoB向けダイレクトメールを使った広告手法について解説! | 広告の種類や事例など

BtoB向けダイレクトメールをピックアップしました。中小企業の経営層へ直接届けることができるダイレクトメールや、弁護士や税理士など国の士業向けのダイレクトメールなど、さまざまなダイレクトメールを出すことができます。

BtoB向けダイレクトメールについて

BtoB向けのダイレクトメールはターゲットとなる職業の人へ発送できたり、決裁権限のある経営層へ直接発送できたり、さまざまなものがあります。特にBtoBの商品・サービスのPRには、経営を行っている責任者へ直接アプローチすることはとても効果的です。

例えば、実態のある企業をピックアップし、その企業の経営層へダイレクトメールが送付できる広告プランがあります。社会保険加入データなど、信頼できる情報をもとに送付先企業をピックアップしてくれるので、ターゲットへ確実に届けることができます。

他にも、弁護士や税理士などのような国の士業をターゲットにダイレクトメールが送れるプランもあります。どの業種の方へ送るか、細かいターゲティングまで可能なので、効率的に広告展開できます。


出稿事例としては、自動車や不動産、保険、セミナーなどのイベントなどがあります。高級ブランドやリゾートなど、富裕層向けの事例も多くなっています。また、弁護士向けのダイレクトメールには、法律情報データの提供会社や弁護士向けソフトなどの出稿事例も見られます。

BtoB広告の概要や種類に関する説明は以下をご覧ください。

BtoB広告のポイント解説 | マーケティング担当者向け

BtoB向けダイレクトメールのおすすめ

関連記事