農林水産業向けBtoB広告について解説 | 広告媒体の事例など

農林水産業向けBtoB広告をピックアップしました。農業関連の情報誌や酪農関連の情報誌など、オフラインメディアを中心にさまざまな媒体でBtoB広告を出すことができます。

農林水産業向けBtoB広告について

農林水産業向けBtoB広告は主に、農業経営者向けの情報誌を中心に掲出ができます。農業経営者向けの情報誌と一言に言ってもさまざまな情報誌があるので商品・サービスに合ったメディアを選ぶとより効果的な広告展開が可能となります。
例えば、農機の開発・生産・流通に関する情報を掲載している情報誌なら農業機械の広告を出すとユーザーもイメージしやすくなります。また、養豚、養牛、養鶏とそれぞれの専門誌もあり、動物用の薬品や飼料などのPRを行うと効果が期待できます。

出稿事例としては、農業関連の情報誌の場合は農業機械や土壌改良剤、肥料、農薬などが挙げられます。酪農関連の情報誌の場合は、動物用の薬品、畜舎関連資材メーカー、飼料会社などの出稿が見られます。また、農機などの展示会や農業・酪農関連のセミナーのPRも行われています。

BtoB広告の概要や種類に関する説明は以下をご覧ください。

BtoB広告のポイント解説 | マーケティング担当者向け

農林水産業向けBtoB広告のおすすめ

農業経営者向け専門誌『農業共済新聞』

『農業共済新聞』は農業経営に関するさまざま情報を掲載している専門誌です。ユーザーは東北と九州の農業経営者が多くなっています。

農業共済新聞の詳細はこちら

農機専門誌『機械化農業』特集号

『機械化農業』は農業機械の開発や生産、流通などの情報を発信している情報誌です。行政官庁団体の情報から海外のニュースまで幅広く取り扱っています。

機械化農業特集号の詳細はこちら

現場第一主義の肉牛総合誌『養牛の友』

『養牛の友』は養牛農家の方中心に読まれている肉牛総合誌です。経営改善や飼養管理技術についてなど畜産農家にとってためになる情報が満載です。

養牛の友の詳細はこちら

卵と鶏肉の技術情報誌『養鶏の友』

『養鶏の友』は養鶏について専門的に情報発信している情報誌です。ユーザーのほとんどが養鶏農家です。

養鶏の友の詳細はこちら

養豚農家の明日をサポート『養豚の友』

『養豚の友』は養豚農家をターゲットとした情報誌です。ユーザーの8割以上が養豚農家です。動物薬メーカーや畜舎関連資材メーカーなどの出稿事例があります。

養豚の友の詳細はこちら

農業機械の専門誌『農機新聞』

『農機新聞』は農業機械関連企業の動きや農機流通など、農業機械に関する情報を掲載している情報誌です。ユーザーは農機販売店の関係者が多くなっています。

農機新聞の詳細はこちら

最大発行部数を誇る酪農専門誌『DAIRYMAN』

『DAIRYMAN』は最新の飼育管理技術や酪農時事問題などの情報を発信している酪農専門誌です。酪農経営者で商品の購入決定権を持っているユーザーが多い媒体です。

DAIRYMANの詳細はこちら

北海道の農業専門誌『ニューカントリー』

『ニューカントリー』は北海道の農業・農村に関する情報を掲載している北海道の農業専門誌です。北海道農業雑誌最大級の発行部数を誇っています。

ニューカントリーの詳細はこちら

関連記事