美容に関する広告・媒体の比較、まとめ

美容とは、身体や容姿を理想的な美しさに近づけるために行われる試みや行為のことを指します。化粧やヘアスタイリングなどのほか、アンチエイジングや美容整形といったヘルスケアなど、さまざまなものがあります。美容にかけるお金は、20代で約7,800円、30代で約9,400円、40代で約8,300円となっていて、いずれの層も、自分に自信をつけるために行う方が多い傾向にあります。Youtubeで美容情報を発信する「美容系Youtuber」という言葉が誕生するなど、美容に探求心は根深いものがありそうです。今回は、そんな美容に関する広告やメディアについてまとめました。

香粧品・香粧品科学の専門誌『FRAGRANCE JOURNAL(フレグランスジャーナル)』

『FRAGRANCE JOURNAL』は、香粧品の動向や法規制問題、新原料、新製品情報など、最新の情報を提供している香粧品および香粧品科学の研究開発専門誌です。月刊で毎月7,500部発行されています。

広告料金を見る

美容・健康情報の男性向けウェブマガジン『Groomen』 記事広告

『Groomen』 はビジネスマン向けの美容・健康情報を発信しているウェブマガジンです。「エチケットが重要なビジネススキルのひとつ」とされている中、ビジネスマンが抱える疑問についてさまざまなコンテンツを通してサポートしています。

広告料金を見る

女性のための総合情報メディア『torothy』 記事広告


『torothy』は、ファッションやメイク、コスメ、グルメ、インテリアなど、女性向けの情報を発信している総合情報メディアです。torothy編集部が作成した商品・サービスについてのオリジナル記事を掲載できる広告プランです。

広告料金を見る

ヘアサロンのパーソナルサイネージメディア『サキザキテルコ』

ヘアサロンのセット面に対して1台、デジタルサイネージを設置し、さまざまなコンテンツの間で広告を配信できます。ヘアサロンの施術時間平均約90分間を上手に利用してPRを行うことができます。商品サンプリングとの連動も可能です。

広告料金を見る

東京の高級ヘアサロン限定サイネージメディア『COVER』

青山、表参道、銀座、恵比寿、代官山などのハイクラスのヘアサロンに設置されているデジタルサイネージで広告が配信できます。美容意識や情報感度の高いユーザーへしっかりアプローチできます。

広告料金を見る

美容・医療・看護専門学校 学生向けサンプリング

美容・医療・看護の専門学校でサンプリングが実施できます。講師から学生へ手渡しなのでユーザーへしっかり届けることができます。最小ロット2,000個から実施可能です。

広告料金を見る

ネイルサロンでのプロモーション デジタルサイネージ

ネイルサロン『NICE NAIL』の施術席上部に設置されているデジタルサイネージで広告が配信できます。施術中の60〜90分の間はユーザーの手はふさがっている為、視認率は100%となり、高い訴求効果が期待できます。

広告料金を見る

プライベートサロン『Asobiba hair home』 ポスター掲出

池袋の完全予約制のプライベートサロン『Asobiba hair home』の店内にポスターが掲出できます。ユーザーが信頼する美容師にポスターの内容を話題にされることで、しっかりとしたPRが実現できます。

広告料金を見る

お得にキレイ!札幌ビューティマガジン『non rouge(ノン・ルージュ)』

『non rouge』は札幌圏の女性へ向けて最新美容情報を発信しているビューティー&ヘルスマガジン。スーパーやドラックストア、ファーストフードなどに設置されているフリーペーパーです。

広告料金を見る

約15万人の看護師に手渡し『ナースマガジン』 折込広告

『ナースマガジン』は現場で役立つ高齢者・患者ケア情報や、看護師自身のセルフケアについて掲載しているフリーペーパーです。全国の提携する医療機器卸会社の営業マンによって手渡しされています。このフリーペーパーに折込広告を掲出できる広告プランです。

広告料金を見る

約15万人の看護師に手渡し『ナースマガジン』

主に女性看護師に読まれているフリーペーパー「ナースマガジン」内に広告が掲出できます。季刊発行で150,000部が発行されています。現場看護師や医師とのタイアップ記事等の制作が可能です。

広告料金を見る

まとめ

美容に関する広告やメディアについてご紹介しました。
美容と一言に言っても、香粧品専門誌や男性向けのものなど、どれも個性豊かで様々なものがありました。
雑誌などの紙媒体のほかにも、デジタルサイネージなどを利用した店内でのプロモーションや、美容系の学校でのサンプリングなど、種類も豊富です。自社の予算やターゲットなどの条件を明確にして、自社に合った媒体を選ぶようにしましょう。

関連記事