商業施設で実施できるサイネージ広告を紹介! | 広告の種類や事例など


商業施設で実施できるサイネージ広告を紹介します。多くの方が訪れる商業施設では、幅広い年代に対して広告を訴求することが可能です。今回は、商業施設で広告が配信できるサイネージ広告について紹介します。

商業施設で実施できるサイネージ広告について

商業施設で実施できるサイネージ広告のターゲットは、商業施設の店舗立地や施設のコンセプトなどにもよりますが、例えば、郊外の大型商業施設であればファミリー層を中心に全世代幅広くアプローチが可能です。一方、百貨店など商品の販売価格水準が高い商業施設では、ファミリー層はもちろん、比較的ゆとりのあるシニア層なども多く利用します。

サイネージ広告が設置されている場所は、商業施設内でも人通りの多い場所が多く、周辺を利用する方に広くアプローチすることができます。また、サイネージ広告と連動し、チラシの設置などが出来る場合もあるので、複合的な広告展開が可能となっています。

最近では、商業施設内のフードコートで配信できるサイネージ広告やレストルーム内に設置されたサイネージで広告が流せるプランなどその種類は多岐にわたります。同じ施設内で複数回広告と接触する機会を創出することで、記憶に残りやすく、刷り込み効果が期待できます。商業施設で配信できるサイネージ広告を含め、広告が出稿できるデジタルサイネージは下記で一覧で見ることができます。是非チェックしてみてください。

店舗・施設内(デジタルサイネージ)の広告一覧

商業施設で実施できるサイネージ広告の例

関連記事