待合室で配信できるサイネージ広告について解説! | 広告の種類や事例など

施設の待合室で配信できるサイネージ広告があることをご存じでしょうか?病院や飲食店を始め、薬局やデンタルクリニックなどその種類は多岐にわたります。今回は、待合室で広告が配信できるサイネージ広告について紹介します。

待合室で配信できるサイネージ広告への出稿について

待合室でのサイネージ広告におけるターゲットは、子供やその子供の付き添いで来た保護者、ファミリーなど多岐にわたります。サイネージが設置されている待合室の特性によって様々ですが、例えば飲食店の待合室サイネージでは、ファミリー層が多い事から、学習塾や習い事、家電系のCMなどの事例があります。病院やクリニックでは、サプリメントや飲料メーカー、製薬会社などの広告事例があります。

待合室で時間的にゆとりが多い方が多く、リラックスした状態で過ごされる方が多いため、高い広告理解度が期待できます。また、動画を使って動きのあるコンテンツにできることがサイネージ広告の強みです。ターゲットとする層が楽しめる内容の広告にすることで興味・関心を獲得することができます。

また、クリニックや飲食店などの待合室では、現在呼ばれている番号が表示されていることが多く、自分の順番を確認するために雑誌を読んでいる方やスマートフォンを操作している方でも、定期的にサイネージをチェックしている方がほとんどです。待合室では10分~長い方で1時間以上過ごす方も多いため、サイネージで配信される広告コンテンツを見る機会も必然的に多くなり、高い視認率が期待できます。

特に、調剤薬局やクリニックなど医療施設で配信できるサイネージ広告は人気があります。健康意識が最も高まっているタイミングで広告を配信できることもあり、サプリメントや健康食品、飲料メーカーなどが多く出稿しています。

待合室で配信できるサイネージ広告を含め、広告が出稿できるデジタルサイネージは下記で一覧で見ることができます。是非チェックしてみてください。

店舗・施設内(デジタルサイネージ)の広告一覧

待合室で配信できるサイネージ広告の例

まとめ

待合室で配信できるサイネージ広告についてご紹介しました。
待合室と一言に言っても、病院や薬局だけでなく、回転寿司店の待合スペースなどもあるので、自社の商品・サービスのターゲットや条件に合ったサイネージ広告を選ぶ必要があります。
待合室で配信できるサイネージ広告の出稿を検討される際はぜひこの記事を参考にしてくださいね。

関連記事