ヘアサロンで配信できるサイネージ広告厳選3選! | 広告の特徴や事例をご紹介

ヘアサロンで配信できるサイネージ広告がある事をご存じでしょうか?施術席に設置されている卓上のデジタルサイネージを利用し、施術中のユーザーをターゲットにさまざまな広告を配信できます。今回は、ヘアサロンで配信できるサイネージ広告について紹介します。

ヘアサロンで配信できるサイネージ広告への出稿について

ヘアサロンで配信されているサイネージ広告の主なターゲットはやはり、美容室で施術を受けている人になります。施術席に置いてある卓上のモニターでの配信となり、広告の出稿事例はファッションや料理、不動産、自動車など幅広くなっています。

ヘアサロンでは、大体施術中約90分ほどは同じ席から動かないと言われています。この施術中の時間を利用し、手元のデジタルサイネージで魅力的なサイネージ広告を配信することで、ユーザーの目を引き、高い広告効果が期待できます。
ヘアサロンでのサイネージ広告の配信は媒体によってさまざまタイプがありますが、オリジナル番組配信中に途中でCMとしてサイネージ広告を配信できるものが多くなっています。番組の内容もさまざまで、ショートアニメや占い、人気モデルや芸能人のインタビュー動画など、バラエティに富んだ内容になっています。他にも、タブレットでサイネージ広告を配信し、気になる広告があればタップすると詳細を見ることができるものもあります。
その他にも、サイネージ広告とサンプリングを連動させたり、人の顔を認識したら広告配信をスタートさせるなど、さまざまな工夫を加えることもできます。

ヘアサロンの客層の多くは美意識が高い女性が多いため、ターゲットを絞って広告展開を行うことができます。先ほどご紹介した広告の出稿事例にもあるように、ファッションやコスメ、料理など、美意識の高い女性の興味関心を引くような商品・サービスのPRにはとても効果的です。さらに、家庭の中で決裁権を持つことが多い女性に対し、不動産や自動車などの宣伝を行うのもおすすめです。

ヘアサロンで配信できるサイネージ広告を含め、広告が出稿できるデジタルサイネージは下記で一覧で見ることができます。是非チェックしてみてください。

店舗・施設内(デジタルサイネージ)の広告一覧

ヘアサロンで配信できるサイネージ広告の例

まとめ

ヘアサロンで配信できるサイネージ広告についてご紹介しました。
ユーザーの滞留時間が長いヘアサロンという場所を上手に活用し、ターゲットにしっかりアピールして効果的な広告展開を行っていきましょう。

関連記事